秋の七草について知っておくと役立つ5つの知識

七草といえば、春の七草が有名ですよね。春の七草は、お粥に入れて万病を予防することを願って食べます。では、秋の七草は言えますか?秋の七草を全部言えるという人はもしかしたら少ないかもしれません。

秋の七草は、女郎花(おみなえし)、薄(すすき)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)の7種類です。秋の七草はお粥には入れませんのでご注意を。

秋の七草を知っておくと役立つことをしょうかいします。



 秋の七草について知っておくと役立つ5つの知識

その1:萩は私たちにとても身近な植物

「萩」の花をみたことがありませんか?紫色の小さな花ですが、群生しているので山の斜面一面紫色に染まる場所もあります。萩はあまり場所を選ばないため、土地がやせていたとしても繁殖しやすい種類です。その特性を利用して、山の斜面に植えて山崩れを防ぐなどの知恵が昔から使われてきました。

また、萩の新芽はお茶として利用されたり、葉は家畜のえさにされます。鮮やかな紫色の花を昔は染料に使っていたそうです。枝は屋根などに用いられ、根は干すと薬になるそうです。萩の花は昔から私たちの生活に根付いたとても身近な植物なのです。

秋といえば、萩。ハイキングなどで山の斜面で見かけたら家族や友達に教えてあげましょう。

 その2:葛で体の調子を整える

葛といえば、葛餅や葛きりを思い浮かべます。そうです、葛の根から取ったでんぷんから葛粉を作ることができます。この葛粉を使って葛餅や葛きりが作られています。風邪を引いたときにお母さんやおばあちゃんから飲まされた葛湯も葛粉から作ります。秋や冬は体が冷えやすく風邪を引きやすいのですが、葛湯を飲むと体がぽかぽかと温かくなったことを覚えています。

葛粉は葛根湯としても使われています。最近の研究で、葛根湯は更年期障害や骨粗鬆症、婦人病に効果があるともいわれています。

葛根湯や葛湯、葛きりや葛餅は今でもよく食べられている食品です。秋の七草、昔の人は本当に偉大ですね。

その3:撫子でプロポーズ?

撫子といえば、なでしこJAPAN、女子サッカー日本代表の呼び名でもありますよね。撫子は日本を代表する花で、特に女性をあらわすときに用いられる花です。花言葉は、純愛、勇敢です。「勇敢」という意味は、なでしこJAPANにぴったりですね。

「純愛」という意味ですが、撫子は数々の愛を詠んだ和歌にも使われています。「なでしこが その花にもが 朝な朝な 手に取り持ちて 恋ひぬ日なけむ」という大伴家持が詠んだ歌ですが、現代語訳すると「あなたが撫子だったら、私は毎朝、あなたを手にとって愛でるでしょう」という意味です。女性への愛の告白、プロポーズのような歌ではありませんか?今時、このようなプロポーズはありえないかもしれませんが、相手が古風な女性や古文をよく知っているひとにだったら通用する告白かもしれませんね。

「あなたを手にとって愛でる」、現代の女性が聞くと怒ってしまう人もいるかもしれません。しかし、昔の女性はこうだったのですね。

 その4:桔梗で傷を癒す

桔梗は紫色のラッパ型の花をつけます。明智光秀の家紋であったことでもよく知られた花です。桔梗の根の粉末は、熱や鎮痛剤として使われていたようです。また、桔梗の葉や茎から出る液が漆のかぶれにもよく効くそうです。

しかし、ききょうは6月下旬に花を咲かせます。なぜ、秋の七草に加わったのでしょうか?それは、風邪の季節が秋から冬にかけてということと、漆の採取が秋だということで秋の七草に加わったそうです。桔梗を保存し、秋、冬にかかった風邪やかぶれを人々は治していたのですね。

 その5:女郎花の本当の意味

女郎花は黄色の小さな花を一枝にたくさんつける植物です。「女郎」は遊女や娼婦を指す言葉です。あまりイメージは良くない様にとらえられますが、女郎花の花言葉は、「親切」「美人」「はかない恋」「永久」「忍耐」などがあります。

和歌などで「女郎花」といえば、遊女や娼婦を指しますが、万葉集でも遊女を女郎花に例えて詠まれた歌があります。日本には、昔から吉原などの遊郭があり性を癒す女性が存在しました。今、娼婦というと聞こえが悪いですが、江戸時代は吉原の女性たちは権力さえも持っていたといいます。しかし、それは男性を癒していたからこそであり、女郎花が秋の七草に加わった意味がここにあるのかもしれません。

いかがでしたか?

秋の七草についての知識を紹介しました。七草すべては紹介しませんでしたが、秋の七草について興味を抱いていただければ幸いです。最近、秋の七草はあまり見かけなくなりました。絶滅の危機にある種類もあるそうです。七草は日本が原産です。日本の植物、決して絶やしてはいけません。

まとめ

 秋の七草について知っておくと役立つ5つの知識

その1:萩は私たちにとても身近な植物
その2:葛で体の調子を整える
その3:撫子でプロポーズ?
その4:桔梗で傷を癒す
その5:女郎花の本当の意味


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする