今日からでも始められる!あなたにお勧めの6つの健康法

皆さんは健康に気を使っていますか?健康なつもりでいても、風邪をひいてしまったり、健康診断でよくない結果が出たり、気付かないうちに体が弱ってしまっていることがあるかもしれません。

日頃から健康に気をつけて生活したいものですね。世の中には様々な健康法があふれています。今回は、手軽に始められて、簡単に毎日続けられる健康法を紹介します。



 今日からでも始められる!あなたにお勧めの6つの健康法

方法その1 背伸び健康法

特別な道具や場所がいらないので、自分の好きな時にできるのが背伸び健康法です。簡単なのにその効果は抜群です。筋肉を伸縮させるので血流を良くすることができます。血流が良くなると代謝が促進され、脂肪燃焼に効果があります。代謝が促進されるので、疲労回復効果も期待できます。また、血流が良くなるとリラックス効果を得られて、ストレスも解消できます。背伸びをすると普段使わない筋肉を使うので、筋力の衰えを防ぐことができます。また、背伸びをするときにはお腹の筋肉が刺激されるので、腸内環境を整えるのにも一役買ってくれます。日頃から便秘気味で疲労感を感じやすい人にはお勧めの健康法です。

背伸びの仕方は簡単です。真っ直ぐに立った姿勢か横たわった姿勢で腕を上げ、息を吸いながら体を上下に引っ張られるように伸ばします。限界まで体を伸ばしたら、一気に息を吐いて力を抜きます。上下にこだわらずいろいろな方向へ伸びをすると、様々な場所の筋肉を刺激できてより効果的ですね。

朝起きた時に背伸びをすると一日の始まりに良い刺激になります。デスクワークの合間や家事の合間にすると、こわばった筋肉を刺激してよいストレス解消になります。寝る前にすると、血流が良くなり気持ちよく睡眠に付くことができます。

方法その2 ぽかぽか健康法

ぽかぽか健康法は「体を冷やさないことに気をつける」健康法です。最近体温の低い人が増えています。あなたの平熱は何度ですか?平熱は36度台の人が大半ですが、最近は35度台の人が増えています。空調が整った環境で過ごすことが多いので、体内で体温調整をすることが少なくなったこと、食生活の変化、自律神経が乱れやすいことなどが原因といわれています。体温が低いと、代謝が低くなり、エネルギー消費が減り、体温が上がりにくくなり、悪循環に陥ってしまいます。体を温め体温を上げることで代謝を促し、自律神経の乱れを改善し、健康へつながっていくんですね。

体温を上げるには睡眠をしっかりととることです。睡眠中は代謝がとても活発に行われています。特に夜10時から午前2時は代謝のピークの時間です。この時間にしっかりと眠るようにすると、疲れが取れ寝覚めが良くなります。40度くらいのお風呂にゆっくり浸かって、体を温めてから眠るとより効果的です。

温めることも大切ですが、冷やさないようにすることも大切です。体の中で「首」という漢字のつく部位は熱が逃げやすく、また熱を作り出す部位でもあります。首、足首、手首を露出せず衣類で覆うようにしてください。それだけで手足の先の冷えが少なくなり、体全体が暖かく保たれます。

方法その3 ため息健康法

ため息をひとつつくたび、幸せが逃げていくなんて言われますが、実はため息には意外な意味があります。

ため息はどんな時に出ますか?うまくいかない時や疲れた時ストレスがたまっている時などに、思わず「はぁ~~っ」と口から出てしまいますね。 これは、体の中にたまった「悪い気」を無意識のうちに吐き出しているのです。

ストレスがたまっていたり、忙しい毎日を過ごしていると、リラックスした状態がなかなか訪れません。緊張感が続くと、血流が滞り、酸素が体にうまくいきわたらなくなります。そうなると代謝が乱れ、疲れにくく、病気になってしまうこともあります。

ストレスがたまっているな、緊張が続いているな…というときには、意識的にため息をつきましょう。幸せが逃げるどころか、元気が出ますよ。それがため息健康法です。

はぁ…と深く息を吐き、その反動で息を大きく吸います。そうすると血行が促進され、全身に酸素がいきわたります。心身ともにリフレッシュすることができますね。

ため息健康法はどんな時にどんな姿勢でもできますが、自分のリラックスできる環境で、体を締め付けずに行うと効果的です。

方法その4 大声健康法

人の健康の大敵はストレスです。いくら健康に気を使っていても、ストレスを解消することができなければ体は弱ってしまいます。ストレス解消法として多くの人が行っているのが、大声を出すことです。

大きな声で笑う、大きな声で歌う、叫ぶ、大声で泣く、大きな声を出すと腹筋を刺激し、腸の働きを良くし、血行が良くなり代謝促進にもつながります。また、笑うことや泣くことは、心の安定をもたらすという実験結果もあるのです。

とはいえ、大声を出せる場所は限られていますね。スポーツ観戦で大声を出して応援する、カラオケで大声で歌う、車の中など一人になれる空間で叫ぶ…毎日は無理ですが、時々は大声を出してストレス発散するとよいですね。

方法その5 ラジオ体操健康法

子どもの頃、夏休みの朝、眠い目をこすりながらラジオ体操に参加しませんでしたか?子どもの体操と思いがちなラジオ体操、実は健康維持に最適の体操だと、最近認識を新たにされています。ラジオ体操は、13種類の運動で体全体の筋肉を適度に使う全身運動で、普段の生活では動かしにくい筋肉や骨に刺激を与え、基礎代謝を促してくれるのです。ラジオ体操を毎日続けていると、体が引き締まるだけでなく、柔軟性が高まり、肩コリや腰痛頭痛が改善されたという人も少なくありません。

子供のころ覚えたものはなかなか忘れにくいものです。ラジオ体操ならすぐにでも始められそうですね。

方法その6 水飲み健康法

人間の体の7割は水でできています。水は人間の体にとってなくてはならない存在ですね。その水を飲むことによって健康を維持しようというのが水飲み健康法です。

朝起きたらまず1杯の水を飲みます。寝ている間に失われた水分を補給するためです。仕事や家事の合間にも水を飲みます。水を飲むことで緊張で滞りがちな血行を促進します。ストレスがたまると胃液過多になりがちですが、水を飲むことで胃を守ります。夜寝る前にも1杯飲みます。寝ている間に血液濃度が上がるのを防ぎます。

水を飲むと尿の量も増えるので体の中の老廃物の排出の手助けにもなります。デトックス効果が期待できますね。

飲む水は、冷たすぎず熱すぎず、室温程度のものを飲むようにしてください。

いかがでしたか?

簡単にすぐにでも始められる健康法を6つ紹介しました。どれも、その名前だけを聞くと「これで本当に効果があるの?」と思うようなものばかりですが、その効果の中身を聞くと、納得できるものばかりです。

それぞれ簡単にできるものばかりなので、いくつか組み合わせて行うと、一層の効果が期待できそうですね。

まとめ

今日からでも始められる!あなたにお勧めの6つの健康法

方法その1 背伸び健康法
方法その2 ぽかぽか健康法
方法その3 ため息健康法
方法その4 大声健康法
方法その5 ラジオ体操健康法
方法その6 水飲み健康法


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆