BBクリームの使い方をマスターするための6つのポイント

忙しい女性の朝、メイクの救世主として現れた「BBクリーム」。使ったことがある、愛用しているという人は多いのではないのでしょうか。多くの化粧品メーカーがBBクリームを販売しており、BBクリーム派とファンデーション派の割合はほとんど同等と言っても過言ではないでしょう。

BBクリームは、美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止めが一つになっており、オールインワンとして使えるため人気となっています。これだけの機能が備わっているのだから、「簡単に塗るだけ」と思いがちですが、実はBBクリームの塗り方にはコツがあります。コツをマスターして、「楽に」「簡単に」「キレイ」な肌をゲットしましょう。



 BBクリームの使い方をマスターするための6つのポイント

方法その1:自分に合ったBBクリームを選ぶ

BBクリームは、たくさんの種類が販売されているため自分に合ったものを選ぶことが大切です。肌にはもちろん個人差があるので、テレビCMだけで選ぶのは難しいです。一番手っ取り早い方法としては、実際にお店に行って試してみることです。メイク経験のある女性であれば、自分の肌が乾燥肌なのかオイリー肌なのかはご存知かと思います。

乾燥肌の人には、やはり保湿力の高いものが合っていますが反対にオイリー肌の人には、化粧崩れしやすくなるのでお勧めできません。保湿力の高いBBクリームは少し柔らかめで保湿力よりもカバー力が高いものは硬めのものが多いです。BBクリームを実際に触って、肌にのせて選んでみることをお勧めします。

方法その2:BBクリームの量と塗り方のコツ

BBクリームは、リキッドファンデーションと同様に塗りすぎると浮きやすくなってしまいます。初めは小指の先ほどの量を出し、おでこ、両ほほ骨、鼻、あごの5箇所にのせます。BBクリームのパッケージに使用量の目安が書いてあることが多いので、それを目安に初めは使ってみると良いでしょう。

保湿力の高いBBクリームだからと言って、基礎化粧を怠って良いというわけではありません。特に乾燥肌の人は、いきなりBBクリームを塗ると肌滑りが悪いこともあります。その場合は、肌が乾燥しているのでしっかりと化粧水やパックで肌を潤してから使用するようにしましょう。肌が潤っている状態で、おでこなど5箇所にBBクリームをのせたら、指先で軽く叩くようにして伸ばしていきます。

「叩くようにして」というのがポイントです。指で伸ばすとムラが出来やすくなります。ムラが出来ないように丁寧に伸ばすようにしてください。全体的にBBクリームがのったら、量が多くないか確認します。多い場合はティッシュで軽く押さえてふき取ります。

方法その3:パフを上手に使う

BBクリームに限らず、リキッドファンデーションやパウダーファンデーションでもメイク後少し時間が経つと浮いてしまいます。浮くのを防ぐために、アイメイクが終わったらパフを使って肌になじませます。

このとき、強くこすらないように注意しましょう、優しくぽんぽんと肌になじませるようにします。こうすることで、浮きや厚塗り、化粧崩れを防ぐことができます。

方法その4:パウダーを使う

BBクリームは、美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止めの機能が備わっていますが仕上がりはマットになります。すべすべ肌にしたい場合は、BBクリームを塗った後にルースパウダーを上にのせることをお勧めします。

ルースパウダーを使うと、自分の肌色によくなじむので素肌感を出すことが出来ます。カバー力を出したいときは、パウダーファンデーションをのせるとしっかりと肌をカバーできますが、厚塗りになり過ぎないように注意してください。パウダーファンデーションを使うときは、パフではなくパウダーブラシを使って軽くのせていくようにしましょう。

方法その5:化粧直しをする

BBクリームは、たくさんの機能を備えているのでファンデーションに比べて化粧崩れはしやすいかもしれません。しかし、どんなファンデーションを使っても一日メイクをしていると崩れてくるのは当たり前です。

化粧直しをきちんとすることで、BBクリームもきれいに使うことが出来ます。化粧直しは、崩れてしまったところをティッシュなどでオフし、パウダーファンデーションを使用して直します。オフする場合は、乳液などを使うときれいに化粧直しが出来るのでお勧めです。

方法その6:肌のお手入れには時間をかける

忙しい朝、BBクリームで時間を短縮する代わりに夜のお手入れは手抜きをせず時間をかけてあげましょう。基本的なことですが、きちんとオフすること、そしてしっかりと保湿をしてあげることです。もちろん肌に合った化粧水や保湿クリームを使ってください。

夜のお手入れがしっかり出来ていれば、次の日の朝、肌の調子も良いはずです。「忙しい朝にBBクリームを使う=手を抜く」ということではありません。BBクリームの持つメリットを最大限に発揮するには、時間がある場面では努力も必要ということなのです。

いかがでしたか?

このように、BBクリームを使うにはいくつかのポイントがあります。最大のメリット、「朝の時短」を活かしながらBBクリームできれいメイクを実現させてください。

まとめ

BBクリームの使い方をマスターするための6つのポイント

方法その1:自分に合ったBBクリームを選ぶ
方法その2:BBクリームの量と塗り方のコツ
方法その3:パフを上手に使う
方法その4:パウダーを使う
方法その5:化粧直しをする
方法その6:肌のお手入れには時間をかける


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆