敏感肌の人がスキンケアをする時に注意する6つのポイント

季節の変わり目や乾燥する季節はお肌の調子が整いません。肌の表面がガサガサして潤いがなくなってきている。吹き出物が出たり、粉をふいたり…弱ってバリア機能が衰えた肌は、敏感肌になりやすいです。スキンケアの方法を間違えると、肌の状況をもっと悪くしてしまいます。

敏感肌の人、また敏感肌予備軍の人は、どんなスキンケアをすればいいのか、敏感の人がスキンケアをするときに注意するポイントを見ていきましょう。



 敏感肌の人がスキンケアをする時に注意する6つのポイント

その1 クレンジング剤を選ぶ

敏感肌に禁物なのは、肌に刺激を与えること。本当ならメイクはしないのがベスト。でも、仕事上やむを得ず…という人もいますよね。そんなときにはメイクの内容によってクレンジングを使い分ける必要があります。

濃いメイクを落とせるオイルクレンジングやシートタイプなど、でいっぺんに済ませてしまいがちですが、それは敏感肌にはNG。クリームタイプや乳液タイプ、水性ジェルなど、肌に負担をかけにくいクレンジングを使います。

アイメイクや口紅など、部分的に残ってしまったメイクは、オイルクレンジングや専用クレンジングをコットンや綿棒を使って落とします。たっぷりとクレンジング剤を使うのが、肌に負担をかけないポイント。少量のクレンジング剤でメイクを落とそうとすると、どうしても力を入れてこすってしまいがち。

たっぷりのクレンジング剤でやさしい力でメイクを落とし、そのあと肌に残らないように洗い流してください。綿棒やコットンを使って部分メイクを落とす時も同じです。たっぷりとクレンジング剤をしみこませて、こすらず撫でて、コットンにメイクを移し取るような気持ちで落としてください。

その2 洗顔はやさしく素早く

敏感肌の大きな原因は、肌の乾燥。肌が乾燥する大きな原因の一つに、間違えた洗顔方法があります。夜の洗顔はいつしますか?お風呂に入ったときに…という人が多いと思います。

お湯で洗顔料を泡立てて、顔を洗って、お湯で泡を洗い流す…

この洗顔で肌の汚れだけでなく、潤いも奪ってしまってるかも知れません。お湯は油分を落とすので敏感肌には大敵。

洗顔に適したお湯の温度は、実は30度~34度。熱いとも冷たいとも感じない温度のお湯が一番肌に負担をかけないのです。肌荒れがひどかったりピリピリ感があるときには、石鹸を使わず、ぬるま湯だけでの洗顔を数日続けてください。

その3 化粧水は手でやさしく

コットンにたっぷりしみこませて、または手にとってパッティングするのが一般的な化粧水の使い方。実は、この使い方は敏感肌には刺激が強すぎます。

化粧水はいったん顔に乗せても蒸発します。その時、一緒に肌の水分も奪ってしまいます。化粧水は少量ずつ、何度も手で肌になじませます。肌の状態が悪いときには、化粧水は使わないでください。潤いを与えるつもりがかえって刺激を与えてしまうことも。

化粧水で刺激を感じる人は、化粧水を使わず、スクワランやワセリン、馬油など刺激の少ない油分をつけて肌を保護します。

その4 乳液は使わない

化粧水で肌に水分を補給した後は、乳液などで水分が逃げないようにする…というのが一般的なスキンケア。この「水分が逃げないようにする」というのが、敏感肌にはNGなんです。

「保湿には大切なことじゃないの?」と思いますが、これは皮膚の表面に蓋をしてしまうということ。でも、実は保湿に大切なのは、細胞の間にある脂質、細胞間脂質なのだそう。

肌の表面を油分で覆っても効果的ではない…とわかると肌に負担のかかる乳液は使わない方が良いです。

代わりに使いたいのが美容液です。細胞間脂質のセラミドや天然保湿因子のNMF成分配合の美容液を指でやさしくのせるようにします。指を滑らせてつけたり、浸透させようとマッサージするのは刺激を与えて肌によくないのでしないようにしてくださいね。

その5 日焼け止めには要注意

敏感肌の人の中には日に当たると湿疹が出てしまう人もいます。ぜひ日焼け止めを使いたいところですが、日焼け止めを使うときには注意が必要。しっかりと防ぎたくて、SPFの高いものを選んでしまっていませんか?これが敏感肌に刺激を与えてしまいます。

そもそもSPF値とは何でしょう?SPF値は、紫外線を浴びた時に皮膚が赤くなるまでの時間をどのくらい遅らせることができるか…という値。日常的に使われているSPF30の日焼け止めは、赤くなるまでの時間を30倍に伸ばすことができるということ。

日焼けの症状は一般的に15分~20分くらいで出るといわれてますから、SPF30のものだと日焼けの症状が出るのを450分~600分後に遅らせる…ということになります。それだけ強い成分が使われていると考えると、敏感肌の人には使えないですね。

日焼け止めはいったん塗っても、汗がでたり、こすったりという刺激で取れてしまうもの。刺激の少ないSPF値の低いものを頻繁に塗り直しした方が日焼け防止効果があり肌にやさしいですね。

その6 化粧品は必ずパッチテストをする。

最近は敏感肌用の人用の化粧品がずいぶん増えてきました。大抵の化粧品に「アレルギーテスト済み」という表示が見られます。でも、アレルギーテストをしているのね…と、安心して無防備に使うのはNG。敏感肌の原因は人によって違うので、何に刺激を受けるかわかりません。

使ったことのない化粧品を使う前に、自分の肌に刺激を与えるかどうか、アレルギー反応をパッチテストで調べましょう。

敏感肌の人がスキンケアで注意したいことは、健康な肌の人にも当てはまることが多いです。最近ちょっと吹き出物が出てきたな、乾燥するな…と思ったら、この敏感肌の人のスキンケアの注意点を思い出してくださいね。

日頃のスキンケアに注意していても症状がひどくなったり、なかなか改善されないときには皮膚科で診察を受けてくださいね。皮膚科では、症状に合った薬はもちろん、よいスキンケアを紹介してくれることもありますよ。

いかがでしたか?

敏感肌の人がスキンケアをする時は、以上のような点に注意をしながら、スキンケアを行っていただきたいと思います。そうすることにより、肌の状態が良くなりトラブルが起きにくくなりますので、ぜひ実践してみてください。

 まとめ

 敏感肌の人がスキンケアをする時に注意する6つのポイント

その1 クレンジング剤を選ぶ
その2 洗顔はやさしく素早く
その3 化粧水は手でやさしく
その4 乳液は使わない
その5 日焼け止めには要注意
その6 化粧品は必ずパッチテストをする


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆