クールビューティと呼ばれるための5つのコツ

「クールビューティ」と聞いて、どんな人を思い浮かべますか?芸能人でもクールビューティと称されている人は多くいますが、共通する特徴はスラッとしたスタイル、目元が涼しげ、髪がサラサラでストレートといった容姿がイメージされませんか?クールビューティと呼ばれるコツを紹介します。



 クールビューティと呼ばれるための5つのコツ

メイクを変える

クールビューティと呼ばれる人の多くは、目元がスッキリと涼しげな美人が多いです。最近は、つけまつげやまつげエクステが流行っていますが、目を大きくするためにやり過ぎるとクールビューティにはなれません。クールビューティは、あくまでシンプルにすることが大切です。アイラインやつけまつげに頼りすぎると、ギャルメイクになってしまうので注意が必要です。ベースメイクをしっかりと作ったら素顔を活かすようなメイクをするようにしましょう。

目元はキャットアイを意識するとクールな印象を作ることができます。アイラインを長めに目じりをピンと跳ね上げるとキャットアイが作れます。また、アイシャドウはピンクやオレンジ系ではなくブラウンかグレーを使うとクールな印象になるでしょう。

チークは、ピンク系を塗りすぎるとクールではなく可愛い系になってしまうので注意が必要です。血色をよく見せるということを目的にチークを塗るようにしましょう。オレンジ系にすると大人っぽく仕上がります。

メイクを変えるというのは、意外にも難しく自分らしくないと思いがちですがイメージチェンジをする方法の中でとても簡単にできます。そして、新たな自分を簡単に発見できるというのもポイントです。

髪の色を暗めにし、ストレートにする

クールビューティと呼ばれるための第一歩として、明るい髪を暗めに変えてみましょう。クールビューティと呼ばれる女性の多くが暗い髪色をしているイメージがあります。

まず、印象を変えるために髪色を暗くしてみましょう。日本人女性はもともと真っ黒な髪色をしていますが、近年では茶色に染める人が多数です。もちろん、茶色の髪でもクールビューティな人はいますが、黒い方がクールビューティのイメージに近いのです。

また、髪が長くストレートというイメージも強いです。髪色と同じようにショートカットの人ウェーブの人でもクールビューティの人は多くいます。しかし、髪をストレートでサラサラにした方がキリっとした印象になります。

服装をクール系に変える

クールビューティのイメージからして、フリルがたくさんついたアイドル系の服というのはかけ離れています。クールビューティの名前からして、キリッとしている、スラッとしているとイメージが強いので、服の色はモノトーンであまり飾りがない服に変えてみましょう。

クールビューティと呼ばれるモデルが載っている雑誌や、20代のOL向けの雑誌などを参考にすると良いでしょう。パンツスタイルとスカートスタイルのどちらもカッコよく着こなすには、やはりスタイルの維持も大切です。

特にパンツスタイルは下半身のラインが出てしまうので、太っているよりは痩せていたほうが魅力的です。ぽっちゃり系の場合は、スタイルがスッキリ見えるようなパンツを選ぶことが大切です。また、コーディネートで細く見せることが可能ですし、補正下着なども多く販売されているので活用してみるのも良いと思います。

【スポンサーリンク】

サバサバした性格になる

クールビューティな人は、サバサバした女性が多いと感じます。そのため、少し冷たい印象を持たせてしまうことも多々あるようです。しかし、女性同士のトラブルや男性へのぶりっ子という態度はクールビューティにはふさわしくありません。

何か問題があっても、前向きに切り替えられるさっぱりした性格は女性からも男性からも好印象です。落ち込むことがあってもズルズルと引きずるような性格だと周りからも信頼されませんし、面倒くさいと思われてしまいます。サバサバ系の性格のクールビューティだからこそ、たまに吐く弱音や涙が相手の気持ちをグッと掴むということもあります。

冷たい印象を与えために必要なのは、笑顔です。サバサバした性格というのは決して冷たい性格という訳ではありません。クールビューティの笑顔はとても魅力的ですし、人を引き付けるものがあります。笑顔も心がけてください。

女性にカッコいいと思わせる

クールビューティな人は、女性にも男性にも好かれておりカッコいいという印象を持たせています。特に女性から人気のある女性になることがカギです。○○さんってカッコいいよね、と後輩や同輩の女性からいわれるとクールビューティといっても良いのではないでしょうか。

容姿が決してクールビューティでなくても、仕事などでテキパキ作業していて何でもできる、頼りになるというのはクールビューティだと思います。そもそも、そういった印象を与えられる女性は、輝いているので周囲の目にはとても美しく映るはずです。

容姿でクールビューティからは、かけ離れているという女性も決して諦めずクールビューティを目指しましょう。

いかがでしたか?

クールビューティについて紹介しましたが、容姿だけでなくその人の性格や仕草からもクールビューティになれるということがわかりました。人格が紹介したように素敵な人は、容姿でもクールビューティを目指してみましょう。

また、容姿がクールビューティだけど、人間関係が上手くいかないと悩んでいる人は内面を磨いて更なるレベルアップを目指してみましょう。

まとめ

クールビューティと呼ばれるための5つのコツ

・メイクを変える
・髪の色を暗めにし、ストレートにする
・服装をクール系に変える
・サバサバした性格になる
・女性にカッコいいと思わせる


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆