クールメイクをする時の5つのポイント

クールメイクは、女性を美しく知的にそしてセクシーにも見せてくれるメイクです。普段、かわいい感じのメイクをしている人がたまにクールメイクをしてみるとギャップがあって良いですね。また、メイクは服に合っていなければいけません。

辛口ファッションなのにメイクがかわいい、ふんわり系だと少しアンマッチになってしまいます。コツさえつかめば、意外にもクールメイクは簡単で、かつ時短でできるメイクなのです。女性受けもバッチリ!のクールメイクのポイントを紹介します。



 クールメイクをする時の5つのポイント

その1:細く書けるアイラインで切れ長な目を作る

クールメイクの基本とも言っていい、アイラインを書くには、細く書けるアイラインを使うのがおすすめです。最近では、アイラインで目尻にアートを書くことができるアイラインも発売されていて、今では多くのメーカーから選ぶことができます。なぜ、細いアイラインがおすすめなのかというと、はねあげを書きやすく初心者でも簡単に書けるということです。そして、選ぶなら筆ペンのようになっているアイラインを選ぶととても書きやすいです。アイラインは、一気に書くというイメージが強いですが、慣れなければ少しずつ書いていくことをおすすめします。

クールメイクのポイントは涼しげな目尻を作ることです。ポイントは、キャットラインの進化形です。キャットラインと言えば、目尻をキュッとはねあげるのですが、少し印象がきつくなってしまうかもしれません。大人のクールメイクを作るには、目尻はキャットラインを書くのと似ていますが、普通のキャットラインよりも少し長めに引くこと、はねあげすぎないこと、普段よりも少し太めに引くと作ることができます。

アイラインだけではなく、つけまつげを応用するのもおすすめです。つけまつげは、目尻が長いタイプを選びます。百円均一などでも売られているので、探してみてください。目尻と目頭の毛が短く、真ん中の毛が一番長くなっている普通の形状のつけまつげを使う場合は、真ん中で半分に切って使います。そして、目尻にだけつけると切れ長目を作ることができるのでやってみてください。

 その2:ベーシックなアイシャドウを選ぶ

クールメイクは、ベーシックな色のアイシャドウを選びます。ブラウン系やブラック、グレー系を選ぶと簡単にクールメイクが作れます。バイオレットやブルーでも合いますが、これは上級者向けなので初心者や失敗したくない人は、ベーシックな色を選びましょう。

ブラウン系を使えば、ゴールドをポイントに入れても良いでしょう。パーティーなどの華やかな席であれば、クールな知性プラスゴージャス感が出るのでおすすめです。

アイシャドウは、クールメイクを失敗しないコツとして最も重要かもしれません。クールメイク、イコール「少し濃い目に」と思っている人もいるかもしれませんが、アイシャドウはあくまでシンプルを基本としましょう。濃い目にしてしまうと、ギャルっぽいメイクになってしまうことやけばいという印象を与えてしまう危険性があるので注意しましょう。至近距離でメイクしていると自分ではわかりにくい場合がありますので、姿見などに自身の姿を映して確認しながらメイクしていきましょう。シンプルに、主役はアイラインだということを意識してメイクしていくと良いかもしれませんね。目指すは、きりっとした切れ長の目です。

その3:まつげエクステのつけすぎに注意

クールメイクはまつげエクステの盛りすぎは要注意です。まつげエクステは、毎日メイクをしている女性にとってはなくてはならないものになってきています。何より、メイクを薄くしても目の印象はしっかり保たれることが人気の理由でしょうか。メイクを薄くできるのでナチュラルな印象を与えることができます。最近、まつげエクステのつけ放題できるお店が多いです。しかし、「引き算メイク」をご存知ですか?シンプルに自分のそのままのパーツを際立たせるためのメイクのことです。盛りすぎず、目の際に丁寧にアイラインを引くだけなどメイクのコツを掴めば化粧を濃くしなくてもパッと印象を変えることができるのです。

まつげエクステは、カールの強さや長さを選ぶことができます。何でも長くて、1番カールが強いものがいいというわけではありませんよ。自分に合ったまつげを選ぶことが肝心です。クールメイクにするためには、2番か3番目にカールが強いもの、長さは自分のまつげより少し長い程度、そして目の中央よりも目尻を長くするということができるので、そういったプランを選べるお店がいいですね。まつげの盛りすぎは、確かにキュートになるかもしれませんがクールとは少しかけ離れてしまうので、注意してください。

 その4:眉毛は少し太く濃いめにする

クールメイクのポイントとして、最近流行っている太眉をおすすめします。今は、細い眉よりも太い眉のほうが主流で、優しい印象やしっかりとした意思があるという印象を与えられるので人気です。クールメイクをしていても眉が太いと少し印象が柔らかくできます。細い眉だとキツイ印象を与えてしまう可能性があります。

髪型にもよるので眉の太さや濃さは人によって変える必要があります。前髪がある人の場合は、あまり濃くすると野暮ったくなるので注意しましょう。前髪がない人は、眉はいつもより太く濃く書いても良いと思います。

クールメイクをする場合は、自分にあった眉をみつけてみましょう。眉は人の印象を決める一番のポイントだと、某タレントも言っていました。確かに、眉は人の印象を決めてくれます。また、時代を反映しているのも眉毛かもしれませんね。

 その5:大胆な赤リップに挑戦してみる

クールメイクをするとき、目元がとても印象的で涼しげ、きりっときまっているのに、口元をどうしていいかわからないと悩む人が多いように感じます。口元は、メイクを引き締めるポイントとなります。いつもは大胆な赤リップは塗らないという人も、クールメイクを引き締めるポイントとして赤リップを試してみてはいかがでしょうか。

赤リップは少し抵抗があるので、ピンク色にした場合せっかくのクールメイクが台無しです。赤リップに抵抗がある人は、赤リップとは反対にベージュ系を選ぶといいですよ。ベージュリップは主人公の目元を引き立たせてくれます。赤リップとベージュリップ、どちらもおすすめです。

いかがでしたか?

クールメイクのポイントを紹介しました。「クールメイクといえば」と思い出すことができる芸能人をお手本にしても良いと思います。メイクの基本ともいえますが、どういう感じにしたいというイメージを持つことが大切です。自分の理想のメイクをしてみてくださいね。

まとめ

クールメイクをする時の5つのポイント

その1:細く書けるアイラインで切れ長な目を作る
その2:ベーシックなアイシャドウを選ぶ
その3:まつげエクステのつけすぎに注意
その4:つけまつげのつける場所は目尻
その5:大胆な赤リップに挑戦してみる


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆