どこからが浮気か分からない…どこからを浮気と言うの?

どこからが浮気か分からない…と悩むこともあるかもしれません。大切な人がいて、その人のしたことが、浮気なのかそれとも違うのか…と考えることもあるでしょう。もしくは逆に自分がしたことによって、これは浮気なの?と分からなくなることもあると思います。



どこからが浮気か分からない…どこからを浮気と言うの?

どこからが浮気なのかについて少し考えてみましょう

どこからが浮気なのかというのは、その人によって考え方が違うことが多いです。そのため、カップルなら、そのことについて事前に話し合っておいた方が良いかもしれません。

これって浮気?と思ったら

相手の行動を見て、これって浮気では…と思ったのなら素直に聞いてみると良いかもしれません。そうしないと、相手はそれを平気でしていることもあるからです。こちらとしては、それが浮気だと思っているので、相手にとって不信感が募るばかりです。

結果として相手のことが信じられなくなり、離れてしまうこともありますので、気になる時は聞いてみるといいですね。

もしかして浮気かも…

たまたま同窓会などで飲み会で盛り上がった時に、近くにいた男性と親密になることもあるかもしれません。自分には彼氏がいるのだから、これはまずい!と思ってなんとかセーブをすることもあるでしょう。

でも彼氏にばれなければいいか…というような気持ちが、お酒の席ではつい生まれがちですので、後悔の無いようにしたいですね。

大切にしてくれている人を悲しませないように

今自分がしていることは、大切な人を悲しませることではありませんか?これが浮気かそうではないかのバロメーターとも言えるでしょう。もしも自分にとって、これは大切な人を悲しませることになる…と思ったのなら、それ以上は進まないようにした方が良いかもしれません。

どこからが浮気なのか…ある程度話し合うことは必要です

どこからが浮気なのか、その考え方があまりにも違うとその相手とは、もう一緒にやっていけないと感じるかもしれません。こちらが悲しいと感じることを平気でされてしまうこともあるからです。

逆に自分の方がそれをしてしまうこともあるでしょう。そのためにも、相手との話し合いが重要です。

トラブルが起きる前に

大切な人とのトラブルは結構辛いものです。トラブルが続くことにより、気持ちが離れていくというようなリスクもあります。そのためトラブルになる前に、何か相手に対して悪いことをしたかも…という時には、先に伝えてみるのも良いかもしれません。

ばれなければいいと思っていても…

ばれなければ、これぐらいならいいだろう…と思っていても、噂が広がり相手の耳に入ることもあるのです。隠し通す自信が無いようなことなら、本来はしない方が良いでしょう。もしも今付き合っている恋人と、別れても良いという気持ちがあったとしても、きちんと整理をしてから、行動をすることが最低限のルールではないでしょうか。

他の人を見て知ることも

他の人と接近をするような機会があっても、だからこそ、今彼がやっぱりいい!ということが分かることもあります。でも他の人とあまりにも接近をしてしまった後では、後悔先に立たずですから、自制心というものを持って、相手とのやりとりをするようにしましょう。

【スポンサーリンク】

どこからが浮気なのか、そこに答えはあるの?

どこからが浮気なのか、今そのことについて考えても答えが出ないことがあります。実際に何か起きてから「あれは浮気よ!」と思うことがあったり、「ぎりぎり浮気じゃないかも」というようなことが分かるものなのです。

今無理に答えを出す必要はないかもしれません

ある程度話し合っておくこと必要ですが、あまり深く話そうとすると、そういう兆侯があるのかというように疑われる可能性もあります。そういう意味ではなく、この話題について、深くふれたいだけだとしても、火の無いところに煙は立たない…と相手から思われることもありますので、あまりこの内容について、深く話さない方が良いということもあるのです。

もしも相手から問い詰められたら

付き合っている相手から、あれは浮気では?というように問い詰められた時は、出来るだけ冷静に対応をするようにしましょう。焦ると要らないことまで話してしまうことになりかねません。そういうことを言われるような自分が悪いと思い、謝ることも必要です。

でもなんでもかんでも謝ればいいわけではないです。謝る=やましいと思われることもありますので、状態を見て謝るかどうか決めるといいですね。

相手を問い詰める時には

これって浮気かも!と思った時には、その思いを相手に伝えることも必要かもしれません。でもあまり責めるような言い方をすると、相手が気分を害するということもあるのです。

あまりネガティブな話し方をされるのも、相手からみると辛い場合があります。真実をきちんと聞く時には、ある程度気持ちを落ちつけてから聞くようにしましょう。


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆