ファーティペットを上手にファッションに取り入れる5つのコツ

ファーティペットって聞きなれない方もいるかもしれませんが、近年とても注目されているファッションのアイテムの一つです。ティペットとは、別名ケープとも呼ばれていますが肩にかけるファッションアイテムで、衿代わりになる点が特徴になっています。ファーティペットは、毛皮を使用したタイプで冬のお洒落のアクセントになっています。

女性らしくそして品のあるファッションにするには欠かせないファーティペット、しかしコーディネートが難しくて抵抗がある人も多いようです。そこでファッションに取り入れるコツについて、お伝えしていきますね。



ファーティペットを上手にファッションに
取り入れる5つのコツ

ボトムスは丈が短いものがオススメ

ファーティペットは首まわりにアクセントが付き、もこもこで可愛い点が特徴ですよね。そのためバランスをとるにはボトムスの丈に注意をしましょう。丈の長いスカートや裾が広がるワンピースでは全体的に重く見えてしまうため、ショートパンツやミニスカートと組み合わせると、ファーティペットの魅力も引き出せます。

色々なデザインやカラーがありますが、洋服と馴染みやすい色を選ぶことをオススメします。ファーティペットはボリュームが出やすい為に、バランスが悪くなり目立ってしまう場合もあります。

そこで思いっきり足を出してすっきり効果に挑戦してみましょう。ショートパンツとロングブーツなどを使えば可愛らしいコーデができます。

カジュアルに取り入れるコツ

ファーティペットはフォーマルなファッションアイテムとして使われることが多いのですが、さらに機能性を発揮してカジュアルコーデにも挑戦してみたいですね。ファーティペットは本来はワンピースやウールのコートなどと合わせることが多いのですが、カジュアルコーデとしてデニムと一緒に使ってみましょう。

ジーンズやデニムのショートパンツ、ワンピースとも大変相性が良いです。カジュアルなファッションに取り入れる時には、靴やバッグに注意してくださいね。あまりカジュアルすぎるとファーティペットの魅力が発揮できません。レザー系のバック、パンプスなどで女性らしさを出すと全体のバランスがとれて素敵です。

白で表情を明るく見せる

ファーティペットは色によってボリューム感がありすぎる場合があります。濃い色はファッションとも相性が良いのですが逆に顔色にも反映してしまうため、表情が暗く見えることもあります。

そこで顔色を明るく見せる為に白のファーティペットを使ってみましょう。華やかな印象をつけて女性らしさもアップします。

さらにフワフワ感があるので可愛いコーデにもオススメです。白のファーティペットを使う際は、コートの色やバックなどにも白を取り入れるとバランスが良く、ファーティペットだけが浮いてしまうことを防げます。

白のアクセントを付けるときはコントラストをはっきりさせると、さらに全体的に引きしまるメリットがあります。

【スポンサーリンク】

全身のバランスをよくコーディネートする

ファーティペットは顔まわりのボリューム感がでるため、全体的なバランスをとる事が大切です。ワンピースやコートなどはなるべく体のラインが出るようなスリム感を出しましょう。

ふんわりしたファッションでは体が大きく見えるデメリットもありますし、ファーティペットの魅力も発揮できません。パーティーでノースリーブのトップスと組み合わせたり、半袖のワンピースを合わせるなど、防寒としてだけでなくファンション小物としても活躍できます。

ファーティペットはエレガントな仕上げに効果がありますので、高級感をだしたい時に取り入れてみましょう。冬はブーツや帽子などのアイテムもあり、色々アレンジしてみると楽しくファーティペットが使えます。

アクセサリーと組み合わせる

ファーティペットだけを首まわりに取り入れると、なんとなく物足りなさを感じる事がありませんか。そんなときにはアクセサリーを使ってみましょう。ファーティペットにブローチを留めるとさらに豪華さもアピールできます。

他にもリボンを使ってアクセントを出したり、ファー以外の素材のものと組み合わせるなど、ファーティペットと相性のよい小物と使うこともポイントの一つです。

ファーティペットにはアニマル柄などもありますので大胆な挑戦もできます。さらにファーティペットをストールのように首からかける使い方もありますので、その日のファッションとのバランスを考えながら上手に取り入れてくださいね。

いかがでしたか。

ファーティペットは一見使い方が難しく見えるアイテムですが、実際は色々なアレンジができるため、日常的にも使い安い点が特徴です。ファッションの幅を広げる為にも冬のアイテムにぜひ加えてみませんか。

ファーのフワフワ感以上に豪華なものはありませんよね。女性らしさをアピールできるアイテムとして色々な楽しみ方に挑戦してみましょう。ファーを使いたいけれど、コートでは重過ぎる、そんな時こそファーティペットが活躍します。

首まわりがポカポカで見た目も触り心地もとても良いファーティペット、新しいコーデにトライしてみてほしいと思います。

まとめ

ファーティペットを上手にファッションに取り入れる5つのコツ

・ボトムスは丈が短いものがオススメ
・カジュアルに取り入れるコツ
・白で表情を明るく見せる
・全身のバランスをよくコーディネートする
・アクセサリーと組み合わせる


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆