半身浴が与えてくれる驚きの5つの効果

半身浴はダイエットや美容の効果があるとして、主に女性に大人気の半身浴ですよね。試してみたことがある人も多いのではないでしょうか。

#今回は実際に期待できる効果を5つご紹介します。



半身浴が与えてくれる驚きの5つの効果

むくみを解消してダイエット効果

半身浴にはダイエットの効果もとても高いです。水分の代謝が上手くできなくて脚や顔がむくんでいるときなどは特に半身浴をおすすめしたいです。

半身浴をしたことがある人なら滝のように汗をかく経験もきっとしたことがあるかと思いますが、汗の量だけが効果ではありません。体に溜め込んでいた毒素や脂肪も排出してくれる】から半身浴はダイエットに効果的なのです。

体を半身浴でしっかり暖めれば血液がきちんと巡るようになり、同時にリンパの流れも良くなります。その結果老廃物が排出されやすくなりむくみの解消に繋がるのです。

また、顔のむくみがとれるとまぶたが自然に二重になったというケースも多いようです。普段アイプチなどを使う人にも、もってこいの入浴法かもしれませんね。

胃腸が活性化して美肌効果

半身浴の効果のひとつとして胃腸が活性化するというものがあります。腸が活性化すると健康に良いだけでなく美肌の効果も絶大です。

腸が冷えるというと想像がつかない人もいるかと思いますが、体の表面だけが暖まって体の内側にある腸は冷えているという人が多いです。腸の冷えは肥満や肌荒れだけでなく生理痛まで酷くなってしまうそうです。

女性にとっては嫌なことばかりですね。なので半身浴をしてしっかり腸を暖めることが大切なのです。

半身浴をすると腸の血行が促進されます。すると滞っていた老廃物を排出したり便秘を解消したりと腸が体を美しく保とうと働き始めるのです。その結果、自律神経がしっかり働いて腸内環境も良くなり、美しい肌になれるのです。

また、女性は体の内側が冷えている人が多いです。なので半身浴で体を内側から暖めてあげることはとても大切なのです。内側から暖めてあげることで美肌にとっても邪魔な脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

冷え性改善で冬もぽかぽか

半身浴の効果は下半身を暖めることで得られます。下半身だけを暖めることで頭寒足熱の状態が生まれますので、半身浴をするだけで体が温まりやすい環境が整うのです。

体の中の血液は常に循環していますので、下半身が暖まれば温かい血液が体中に巡るようになります。頭寒足熱は健康で若々しくいることをモットーにしている南雲吉則先生も推奨しています。

冷え性の傾向がある人や自覚がある人は半身浴を是非行ってください。熱いお風呂で全身浴を短時間するより、39~42℃のお湯で半身浴をのんびりした方が体の芯まで暖まります。全身を暖めるより半身浴の方が冷え性に効果的なのですね。

冷え性は女性器官にも悪影響を及ぼします。できるだけ暖めておいていただきたいのでやはり半身浴がオススメです。しかし体質はなかなか変わるものではありませんので毎日の継続がとても大切です。

続けることで体が慣れてきますので是非毎日半身浴を行ってみてくださいね。

疲労回復で明日もアグレッシブ

半身浴の効果は美容だけではありません。疲労回復にも非常に効果的です。疲れやすい人や疲労感を感じやすい人は、シャワーだけで済ませずに出来るだけ#湯船に浸かるようにしましょう。

半身浴をすると体がじっくりと内側から暖まっていきますので湯冷めもしにくく寝付きが良くなります。睡眠に入って最初の3時間をぐっすり眠ると成長ホルモンが沢山分泌されるので疲れがとれやすくなるのです。

また、疲労物質である乳酸を排出してくれる効果もあります。全身の血行が良くなるので代謝の機能が回復し乳酸を排出してくれます。なので翌日までには疲れもとれてリフレッシュし、朝から元気に頑張ることができるのです。

半身浴をして疲れを取り、朝からアグレッシブに行動できることはダイエットにも繋がります。だるくてだらだら過ごしてしまえば消費カロリーも少ないですが、疲労回復して気分も良ければ仕事などにも精が出ることでしょう。

リラックスして気持ちを穏やかに

半身浴の効果として、リラックス効果も忘れてはならない効果のひとつでしょう。

ゆったりお湯に浸かって疲れを癒すだけでもリラックス効果は得られますが、その日の気分で入浴剤を変えたり持ち込むお水にレモンを浮かべてみるなどの一種のアミューズメントを取り入れることができます。

全身浴では水圧で肺などに負担がかかり息苦しさを感じたり疲労感を覚えたりもしますが、半身浴の場合はそれも一切ありません。上半身を自由に使えるので、本を読んだり防水の工夫をすれば気軽にスマートフォンで楽しく過ごせます。一日のご褒美に、半身浴を取り入れてみてはいかがでしょう。


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする