冷え性の原因を知り改善するための5つの方法

冬になると、足元や手先が冷えますよね。寝るときに足が冷えていて眠れないなんてことも経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

冷え性は女性だけでなく、男性にも隠れ冷え性と呼ばれる人達もいるほどです。また、体が冷えると病気の原因にもなるので冷え性は改善する必要があります。冷え性の原因と改善について紹介します。



 冷え性の原因を知り改善するための5つの方法

その1:冷え性の原因とは

人間は、血液を体全体に行き渡らせることによって体温を一定に保っています。血管には毛細血管という網目のような血管がありますが、毛細血管は暖かさを外に逃がさないような働きがあります。しかし、手足は心臓から一番遠く離れているため血行が悪くなっている、これが冷え性の原因です。

では、血行不良に陥ってしまう原因は何でしょうか?様々な要因が考えられますが、冷え性はエアコンやストーブに頼りすぎているという現代の社会を象徴しています。暖房器具に頼りすぎると、人間が持っている体内温度の調整機能が鈍り、自律神経がうまく機能しなくなってしまうと冷え性になってしまいます。また、女性に多く見られるのが寒い服や細身の服を着ているために冷え性になってしまうということです。若い女性にも冷え性が見られるのはそのためです。

冷え性は、手足が冷えるだけでなく頭痛や肩こり、女性にとっては生理不順など様々な症状を引き起こします。冷え性を改善してぽかぽかした毎日を取り戻しましょう。

 その2:お風呂で冷え性を改善

冷え性を改善するには、やはりお風呂に入って体を温めることです。しかし、お風呂にただ入るだけでは冷え性は改善されません。工夫をすることが必要なのですが、一番簡単なのが入浴剤を入れることです。入浴剤は種類も豊富なので毎日違う入浴剤を楽しむのもおすすめです。入浴剤には血行をよくする効果があるものを選ぶと良いでしょう。

お風呂の温度はどのくらいの温度が適切なのでしょうか。それは、40度前後のお風呂が体を温めるのに適しています。温度が高いと長時間入ることができないため、湯冷めしてしまいます。冷え性の悪化にもなるので、適温にしてから入浴することが大事です。また、お風呂に入る際はのぼせないように注意しましょう。注意したいのが、脱衣所とお風呂の気温差によるヒートショックです。脱衣所が寒いとお風呂に入る、また、反対のお風呂から脱衣所に出たときの急な温度差が原因で突然死を引き起こすこともあります。脱衣所を暖めておく習慣をつけておくと良いですね。気を付けましょう。

 その3:食べ物で冷え性を改善

冷え性を体の中から改善するには、食べ物にも気を付けることです。暖かい食べ物を食べるというのが前提ですが、体を温める食べ物を食べるようにし、できるだけ体を冷やす食べ物は食べないように心がけましょう。

では、体を温める食べ物とはどんなものがあるのでしょうか。基本的には、冬の食材です。特に寒い地域で採れる食べ物には体を温める効果があります。根菜は基本的には、体を温める効果があるのでおすすめです。しょうがは、体を暖めてくれるといいますがしょうがの旬は実は夏なのです。夏に食べるそうめんや冷奴の薬味として使われますが、殺菌効果などが夏にぴったりなのです。

また、食欲増進の効果もあるので夏バテにも効きます。風邪を引いたとき、しょうが湯が効くといわれていますが実は熱を下げるのにぴったりで、実は、生しょうがはどちらかと言えば体を冷やす食材のようです。しかし、しょうがは加熱すると体を温めてくれる食材に変身します。このように調理の仕方によっても体を温める、もしくは冷やす食材もあるので調べてみると面白いですよ。

 その4:運動で冷え性を改善

冷え性の原因をその1に記載しましたが、要は血行不良なのが原因です。血流をよくするためには、運動が一番手っ取り早いです。冬の寒い季節は、外に出るのが億劫なため運動不足にも陥ってしまいます。この運動不足こそ血行不良の原因であり、冷え性を悪化させてしまうのです。

簡単なウォーキングやストレッチで構いません。天気の良い日で気温が高い日はなるべく外に出てウォーキングを、雨や雪の日は家のなかでストレッチをしましょう。汗をかいたら常温の水もしくは、ぬるま湯で水分補給し運動後は必ず着替えるようにしましょう。ここが実は重要なポイントでもあります。冬は隠れ脱水症状の人が多いと言われています。夏ほど喉も渇かないので水分を取らない人が多いようです。しかし、実は冬でも汗はかいているので水分補給は行いましょう。そして、汗をかいたら必ず着替えるというのも体を冷やさないためには大切なことです。気を付けて楽しく運動を続けられると良いですね。

その5:睡眠中の冷えを改善

実は、睡眠中の冷えが冷え性を悪化させているのかもしれません。足先が冷えて寝つきが悪く良い睡眠がとれていないと体は冷えたまま目覚めを迎えてしまいます。寝る際は、しっかりと寒さ対策をすることが必要です。例えば、湯たんぽや電気毛布で布団を温めておくとぐっすりと熟睡できるのでおすすめです。

暖かい寝具に変えるということも実は必要なのかもしれません。冷え性だなぁと感じたら、まずは見直してみると良いかもしれませんね。

いかがでしたか?

冷え性の原因と改善について紹介しました。冷え性は本当に辛いです。しかし、毎日の積み重ねで少しずつ良くなっていきます。冷え性改善に行っていたことが習慣化されれば、どれも健康にとても良いことなので体は変わっていくはずです。頑張って冷え性を闘いましょう。

まとめ

 冷え性の原因を知り改善するための5つの方法

その1:冷え性の原因とは
その2:お風呂で冷え性を改善
その3:食べ物で冷え性を改善
その4:運動で冷え性を改善
その5:睡眠中の冷えを改善


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする