複縁したい相手へメールを送る時の5つのポイント

復縁したい相手がいてその思いを伝えたり、連絡を取りたい時にはメールという方法があります。メールをすることにより、復縁をしたい相手とコンタクトを取ることが出来るのです。

復縁をしたいけれど、もう無理だろう…と思わずに、一度だけでもメールをしてみると何か変わることがあるかもしれません。その際のポイントについて今回はお伝えしていきましょう。



複縁したい相手へメールを送る時の5つのポイント

その1 長文メールは避けるようにしましょう

復縁したいと思う相手へのメールを送る時、いきなり最初から長文のメールを送ると相手が重く感じてしまうことがあります。軽い近況報告などにしておいて、あまり長文にならないように配慮をしましょう。

自分がもしもこのメールを受け取った時に、どう思うかということを考えて内容的に重くなく、でも心の入ったメールを送るようにすることが重要です。いきなりごめんねというようなことから始めるのも良いかもしれません。

元気にしていますか?というように相手のことを気にかけているということを表現するのも良いでしょう。長文にならないように復縁したい相手へのメールを送ることが必要です。読む側が疲れるようなことの無いようにしましょう。

 その2 思いやりの言葉を入れましょう

いきなりなれなれしいような態度のメールではなく、丁寧な内容のメールを送るように心がけましょう。相手に対して優しさや思いやりの伝わるメールは、相手の心に届きやすいはずです。

基本的に人は、癒しや優しさというものに対して嬉しいという思いを持つことが多いです。もしも相手のことを嫌いだと思っていたとしても、優しさや思いやりを伝えてくれたら、心が和むということもあるのです。

相手が今あなたのことをどう思っているのか分からないという場合は、出来れば思いやりや優しさを伝える努力をしましょう。そのメールの内容次第で良い返信があるかもしれません。

その3 自分のことばかり書かないようにしましょう

自分のことばかりを伝えるようなメールは、相手からすると疲れることになるかもしれません。こちらのことを少し伝えて相手のことを少し聞いてみる、というようにして扉を優しくノックするような気持ちでメールを書いてみましょう。

その思いは相手にきっと届くはずです。自分のことについてあまり書いてしまうと、相手は返信に困ることになるかもしれません。相手が返信がしやすいメールを送るようにすることが必要です。

そのためには、自分のことを少し相手のことを少し書くことがバランス的にも良いです。偏りの無いメールを送るようにすることで、相手も返信がしやすくなるということがあるでしょう。

 その4 好きな人はいるの?は少し後で

最初のメールで、好きな人や新しい恋人のことを聞かない方が良いでしょう。というのも、もしも好きな人や恋人のことを最初から聞くと、こちらが復縁したいと思っていることを半分以上伝えているのと同じだからです。

そうなると相手は拒絶するか、嬉しく感じるかのどちらかになってしまいます。少しグレーな部分を相手に持たせてあげることも必要なのです。好きな人や恋人の話題はメールを何通かやりとりをしてから聞くようにしましょう。

相手の最初の返信に好きな人が出来た、恋人が出来たというようなことが書いてある場合は、さりげなくあなたを遠ざけようとしている場合もあります。でもそれでも、普通にこちらのことを伝えるようにしてみましょう

もしも好きな人や恋人がいても、それがどうなるかは分からないのです。ひるむことなく自分の気持ちを正直にゆっくりと伝えるようにしていきましょう。

 その5 相手の好きだったものについて書いてみましょう

お付き合いをしている時に、相手の好みというものを少しは知ることが出来たと思います。そのことについて少しふれてみるというのも良いことです。あの頃はこれが好きだったけれど、今も好き?というようにして書くことで、相手は自分の好みを覚えていてくれたことを嬉しく思ったり驚いたりするでしょう。

そしてそれがアーティストであったり、曲であったり、趣味であるという時には、今もそうという返信の場合は、少しその話をふくらませてみましょう。そうすることで相手との距離が少しずつでも縮まります。自分を理解してくれるということを相手が思うと、メールをすることが楽しいと感じてくるのです。

メールをすることが楽しい、嬉しいと相手が思ってくれれば、復縁の可能性がかなり高くなります。いきなり恋人に戻ることは出来ないかもしれませんが、飲み友達からまた始めるということは出来るかもしれません。

いかがでしたか?

復縁をしたい相手にメールをする時には、まずは相手の都合を考える必要があります。深夜や早朝に送ることはあまり良くありません。平日の夜に送ることがベストでしょう。その際にお疲れ様、お久しぶりですというようにして、相手の心に近付くようにしてみましょう。

メールは相手との心の距離を近付けるための大切なものですから、軽い気持ちではなく、送る内容についてよく考えて、読み直しをよくしてから送るようにするといいですね。

 まとめ

複縁したい相手へメールを送る時の5つのポイント

その1 長文メールは避けるようにしましょう
その2 思いやりの言葉を入れましょう
その3 自分のことばかり書かないようにしましょう
その4 好きな人はいるの?は少し後で
その5 相手の好きだったものについて書いてみましょう


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする