二股で選べない時に、どちらかに選ぶ5つの方法

二股がしたくてしたという人は、あまりいないかもしれません。どちらにもそれぞれ魅力があり、やむを得ず二股をしたという人が多いのではないでしょうか。でもいつまでも二股をしているわけにはいかないという時期も来るでしょう。

そういう時は何を基準にして選べば良いのでしょうか。どちらかに選ぶ方法について、一緒に考えてみましょう。



二股で選べない時に、どちらかに選ぶ5つの方法

自分を大切にしてくれる人を選ぶ

どちらの方が、自分を大切にしてくれるのかをよく考えてみましょう。今は付き合っていて楽しいということが一番にあるかもしれません。でも例えば辛い時や落ち込んだ時に、どちらが優しくいたわってくれるでしょうか。

楽しい時に一緒に笑いあえる相手よりも、辛い時にそばにいて優しくしてくれる人の方が、選ぶ価値があるかもしれません。自分にとってこちらの人の方が自分を大切にしてくれていると感じる方を選ぶようにしましょう。

一緒にいて楽しい方を選ぶよりも、辛い時や元気が出ない時に相手がどのような態度に出るのか、どのような言葉をかけてくれるのかを見てみる必要があります。そしてどちらの方が自分を大切にしてくれているのかが分かれば、そちらを選んだ方が幸せになれる可能性が高いでしょう。

客観視をしてみよう

自分のことなので、なかなか客観視は出来ないかもしれません。でも二人の人を比べた時に、どちらがより魅力的なのかということを少し客観的に見てみるようにしましょう。どちらにもそれぞれ魅力はあると思います。

だからこそ二股をせざるを得ないということもあるでしょう。でも必ずどちらかの方に優れた魅力があるはずなのです。それを知るためには主観的な見方では分からないはずです。客観視をする余裕はあまり無いかもしれませんが、今冷静に客観視をすることが出来れば、きっと正しい選択が出来るはずなのです。

正しい選択をするために、少し心を落ち着けて客観視をするように心がけてみましょう。そうすることでそれぞれの人の魅力がはっきりと見えてくることもあるのです。

失って辛いのはどちらかを考える

もしも別れが来たということを想定した時に、失ってしまったことを考えてみましょう。もしそうなった時に、どちらがより辛く感じるかということを考えてみるのです。この人を失っても、もう一人の人がいるというように思えるのであれば、最初の人を失っても大丈夫ということになります。

こちらの人を失ったら、すごく辛い…というように思うのであれば、そちらが自分にとってより大切な人ということになります。こういう時には心に柔軟性を持つことが必要なのです。柔軟性を持つことが出来れば、きっと本当に必要な相手が見えてくることでしょう。

もしも失った時には、どのように思うのか…ということを考えることにより、きっと本当の答えが見えてくるはずです。

【スポンサーリンク】

一緒にいて心が穏やかになれる方を選ぶ

どちらと一緒にいれば心が穏やかでいられるかを考えてみましょう。気を使って疲れてしまうというような相手とは、長く続かない可能性があります。もしかしたらその相手とのことが疲れてしまうため、穏やかでいられる相手を探して二股をしているということもあるのです。

完璧な人間というものはいません。でももしも気を使って自分らしくいられないような相手であれば、本来は離れた方が楽になれるということもあるのです。もしももう一人の人とも付き合うことでバランスを取っているとしたら、それは相手にとても失礼です。

同じようなことを自分がされたら、どのように思うのかを少し想像してみてください。一緒にいて自然体でいられて、穏やかな気持ちでいられる相手を選ぶことにより、刺激は少し少ないかもしれませんが、とても過ごしやすくなります。

本来刺激は得ようと思えば得られますが、穏やかな気持ちというものは、得ようと思ってもなかなか得られないものなのです。一緒にいて穏やかな気持ちになれる相手から刺激を得ることもおそらく出来るはずですので、その人一人に絞っても良いかもしれません。

自分の求めているものを持っている人を選ぶ

つまりは価値観が近い相手を選ぶということと似ています。求めているものが全然違う相手と一緒にいても、結局は距離を感じてしまうことになります。でももしも求めているものを持っている人や、求めているものが同じ人が近くにいてくれたら、そういう相手と一緒にいたいと思うはずです。

求めているものを持っている人というのは、世の中にはあまりいないかもしれません。でもそれを持っているのなら、その相手を離してはもったいないことになります。価値観が合うということが求めていることだとしたら、そういう相手を選びましょう。人に対して思いやりを持てる人がいいと思うのなら、思いやりを持っている人を選ぶといいですね。

いかがでしたか?

二股で選べないということは、人生の中にあるものです。もしも一人の人とサヨナラしても、もう一人がいるから…というように保険的に付き合うということもあるかもしれません。

でもそういう恋愛は落ち着かず、楽しみにくいものでもあります。最初は楽しくても段々疲れてくるのです。そうなる前に以上のような方法で一人に決めた方がいいかもしれません。

まとめ

二股で選べない時に、どちらかに選ぶ5つの方法

・自分を大切にしてくれる人を選ぶ
・客観視をしてみよう
・失って辛いのはどちらかを考える
・一緒にいて心が穏やかになれる方を選ぶ
・自分の求めているものを持っている人を選ぶ


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする