自分磨きをするために、あなたが出来る6つの方法

「自分磨き」は、今の自分を「もっと良くしたい」と感じたときや「きれいになりたい」、「新しい恋がしたい」など、心機一転するときに自分を奮い立たせるためによく使われている言葉です。「自分磨き」は、自身を見返すきっかけになり心もワクワクし、精神的に前向きになれます。「自分磨き」をするための方法を紹介します。



自分磨きをするために、あなたが出来る6つの方法

方法その1:趣味を見つける

「自分磨き」の簡単な方法として、まず趣味を見つけてみましょう。これといって趣味がないと思っている人は意外にも多いのではないでしょうか。好きなことや興味があることに取り組んでいる人は、とても輝いて見えませんか。仕事後の予定や休日の予定が好きなことで埋まっているということが仕事や勉強への励みになります。趣味を見つけるには、どうしたら良いでしょうか。まず、視野を広げて情報を収集することが大切です。テレビ番組や雑誌で特集されていることに興味を持つことから始めましょう。

習い事から趣味を見つけるのも良いでしょう。フリーペーパーなどに習い事が紹介されていることも多いので、住んでいる地域や通えそうな場所で開かれている講座を見つけて実際に足を運びましょう。一人では、なかなかやる気にならないという人は多趣味の友人や同じように「自分磨き」をしたいと思っている友人を誘ってみるのもお勧めです。

方法その2:趣味を深める

趣味が見つかった、ずっとやってきた趣味があるという人は、更に趣味を深めて「自分磨き」をしましょう。特に、習い事で見つけた人は、習い事期間が終わると趣味に関わらなくなってしまうことも多いため、どうすれば継続できるか、深めることができるかを考える必要があります。

例えば、資格を取得するという目標を立てたり、その趣味の発祥が海外ならば旅行を兼ねて足を運んでみるなど、自分ができる、楽しめる範囲で趣味を深めて見ましょう。きっと、今まで以上に見られなかった景色に感動したり、今まで感じたことのない感情を得ることができると思います。

趣味を深めるために、仕事や勉強、自分の苦手なことを頑張る原動力になります。趣味に取り組んでいるときだけでなく、仕事をしているときもキラキラ輝けるはずです。

 方法その3:知り合いを増やし、刺激を受ける

「自分磨き」のためには、他人から刺激を受けることがとても重要です。自己満足で終わる場合と、他人から刺激を受けてさらに磨きをかけるのとでは、全くレベルが違ってくるからです。趣味を探している段階や趣味に没頭している段階、様々な場面で人とコミュニケーションをすることが増えてくるでしょう。

また、趣味を共有することで知らなかった情報を得ることができるので積極的に趣味仲間を増やすととても良い刺激になります。

また、誰かに「認められる」ということは、とても大切です。趣味が合わない人、興味がない人に熱心に話してもなかなか理解してもらえません。趣味仲間に認められることで自信を付け、「自分磨き」に励みましょう。

 方法その4:「自分流」を見つける

「自分磨き」で大切なことは、自分流を見つけることです。趣味に取り組む姿勢やスケジュール、ペースは個々人で違います。自分にできる範囲を超えたり、ペースが自分に合わないとストレスを溜めることになってしまいます。そうなると、好きだったことが嫌いになり、せっかく深めたことが台無しです。

友人と取り組んでいる場合は、相手に合わせることも大事ですが自分のペースを守ることを忘れてはいけません。お互いに高めあう関係で取り組めるように工夫してみましょう。

 方法その5:たまには自分を褒める

「自分磨き」で最も大事だといえるのが、自分を褒めることです。もっと頑張る、もっと出来るようになりたいなど自分を奮い立たせることは大切です。しかし、それだけでは苦しくなってしまい挫折することもあるので、たまには自分を褒めてあげましょう。

例えば、「これができるようになった」「前より良くなった」と思うことです。ご褒美に美味しいものを食べたり、エステに行ったり、リラックスして日々の努力を労ってあげてはいかがでしょうか。また、「自分磨き」を始めた頃はなかなか成果が出ないこともあります。その場合は、自分を否定してはいけません。出来なかったことを攻めるのではなく、始めたばかりだから出来なくても当たり前、いつまでにできるようになっていたらいいな、などおおらかな気持ちで自分を受け止めてください。

 方法その6:他人を受け入れる

「自分磨き」というと、自分だけで頑張るイメージがありますが、他人を受け入れることが大切です。他人を受け入れられずにイライラしている状態は心に余裕がないことの表れです。心に余裕がないと、いくら趣味を頑張っていても「自分磨き」になりません。他人に理解されなくても気にすることはない、人それぞれなのだと受け入れることも大事です。

また、自分の趣味だけでなく、相手の趣味は何か、など興味を持つことで意外にも自分も好きになり視野が広がり、人間関係を良くする事が出来ます。

いかがでしたか?

「自分磨き」は、がむしゃらに頑張ることではなく、心に余裕を生むことが目的です。そうすることで、苦手なことを頑張れたり、他人を素直に受け止めたりと、自分だけでなく周囲に良い影響を与えます。

自然と人の目に魅力的に映り、自分自身も満たされているとき「自分磨き」は成功したといえるでしょう。

まとめ

 自分磨きをするために、あなたが出来る6つの方法

方法その1:趣味を見つける
方法その2:趣味を深める
方法その3:知り合いを増やし、刺激を受ける
方法その4:「自分流」を見つける
方法その5:たまには自分を褒める
方法その6:他人を受け入れる


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする