彼氏と同棲をする時に気をつける5つのこと

彼氏とのお付き合いも落ち着いてきたし、そろそろ同棲も…。と考えている人も多いかと思います。しかし一方で同棲は別れを早めると言われるなど注意すべきこともあるようです。

今回は彼氏と同棲するに当たって気をつけるべきことを5つにまとめましたので参考にしてくださいね!



彼氏と同棲をする時に気をつける5つのこと

下着姿でウロウロしない

同棲してしばらくすると緊張感がほどけてリラックスして生活できるようになります。なので入浴前後の脱衣や着替えの際に下着姿を見られることへの恥じらいも薄らいでいくでしょう。

しかし、いくらお互いを認め合える関係だとしても下着姿のまま部屋をウロウロしてはいけません。彼とずっと一緒にいたいなら付き合って間もない頃の恥じらう気持ちを忘れず、極力肌を見られないようにしましょう。

彼に肌を見せるときと見せないときのメリハリをしっかり意識して、いつまでも新鮮なカップルでいてくださいね!部屋着もパジャマのようなものよりも、昼間のうちはきちんとコーディネートした服を着た方がデート感が出て良いですよ!

お金に関してはキッチリする

大好きな彼と一緒に暮らすのは楽しいですが、生活とはなかなか物入りですよね。家賃や食費に光熱費はもちろん、部屋の中のものを揃えたり家電のメンテナンスが必要なこともあります。それら生活にかかる費用はきちんと折半や分担にして管理しましょう。

男性の方が収入が多いため折半ではあなたが苦しいなど、カップルごとに事情はあるでしょう。しかしどちらかが寄りかかっている状態では長続きしませんしトラブルになります。

きちんとお互いが払うものを決めて、面倒くさがらず毎月やりくりしましょう。お金をきちんと管理すると貯金もしやすいので、旅行費用や将来のためのお金を貯めやすくなりますよ!ふたりで楽しんでやりくりできるといいですね!

家事をサボりすぎない

最初は楽しかった家事も、暮らしはじめてしばらくすると怠けたくなっても当然です。もちろん生きていれば気分が乗らないときや体調不良になることもありますのでときにはサボることも必要です。

料理は楽しんでできるひとが多いようですが、片付けや掃除はなかなか腰が重たくなりがちです。腰が重たいにも関わらず部屋は汚れていく一方…。だんだん気がめいってきてしまいます。汚れた部屋で過ごしているとストレスが溜まりやすいので注意しましょう。

彼とぎくしゃくする前にあなたが率先して部屋をメンテナンスしましょう。いつでもきっちり部屋を保っていれば彼にも感謝してもらえるのではないでしょうか。ふたりの大切な愛の巣、気持ちよく過ごせるようにしたいですね!

【スポンサーリンク】

お互いにひとりの時間をつくる

いつでも一緒にいたいからと同棲をスタートしてみたものの、片時も離れずにいるとたまにはひとりの時間が欲しくなることもあります。

ストレスが溜まっているときや考え事に集中したいとき、彼とは行けない場所へ行きたいときなどなどひとりで行動すべきときもあります。彼と同棲しているのにひとりでいたいなんて私はわがままなんじゃ…?と不安になることはありません。誰にでもあることですよ。

もちろん、あなただけではなく彼にも同じ気持ちになることがあります。なので、あなたがひとりになることで彼を安心させてあげられることになるかもしれませんよ。

恋人らしいデートを意識する

一緒に暮らすようになると、同じ家から出掛けることになりデートにも新鮮さが損なわれてくるのが自然です。付き合いが長くなってもデートができるふたりはとっても素敵ですが、ときには少しアレンジしてみてはいかがでしょう。

おすすめしたいのは外での待ち合わせ。一緒に玄関を出ると相手が着ている服もメイクもコーディネートの段階から見ているので新鮮みがありません。外で好きな相手が自分を待っているというのも嬉しいものですよね。

これから会う恋人のことを思いながら街を歩いてみると、相手に贈りたいものや一緒に食べたいものが見つかるかもしれませんよ!付き合いたての気分を思い出して、恋人同士の時間を楽しんでくださいね!

いかがでしたか?

以上、彼氏と同棲をする時に気をつける5つのことでした。

付き合いはじめから同棲、それから結婚でゴールイン!と流れのように考えている人も多いようですが、お付き合いには山あり谷あり。どんなときでも気をつけることというのはありそうです。来年も再来年もふたりで笑っているために今日から意識してみてはいかがでしょうか。

まとめ

彼氏と同棲をする時に気をつける5つのこと

・下着姿でウロウロしない
・お金に関してはキッチリする
・家事をサボりすぎない
・お互いにひとりの時間をつくる
・恋人らしいデートを意識する


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする