夏は恋するのにピッタリ!その5つのわけ

夏は恋の季節といいますが、なぜでしょうか?確かに、夏休みがきっかけで恋人同士になったなどという話をよく耳にします。

また、夏ドラマでは海での出会いをバックグラウンドにしたストーリーが多いように思います。夏が恋するのにピッタリの理由をいくつか紹介します。



夏は恋するのにピッタリ!その5つのわけ

その1:イベントが多い

夏は、イベントがたくさん開催されます。花火大会や夏祭り、バーベーキュー、ライブ、フェスなど特に野外でのイベントが多いです。カップルはもちろんですが、イベントをきっかけに仲良くなったりデートに誘ったりと恋をしている人にはもってこいの季節だと言えます。

通常の休日よりもイベントがある休日のほうがデートに誘いやすく、イベントに男女で出かけるということがある意味ステータスであるため、OKをもらえる確立は高くなります。また、夏のイベントは日が傾いて涼しくなる夕方から、ということが多いためイベントまでの時間をどう使うか、イベント後に流れで食事に誘うなどとデートプランも立てやすいことも付き合って間もないカップルや恋をしている人にとっては魅力的です。

イベントは夏休み中や、休日に開催されることが多いため私服やイベントに合った服装で会うため、日頃見られなかった姿を見ることも恋に発展する大きな点です。日頃は、会社に制服や学校の制服、またはスーツなどでかっちりしたイメージの人がラフなジーパンにTシャツなどでさわやかに現れたり、いつもは髪をしばった人が髪を巻いて降ろしていたり、化粧っ気がない人が少し化粧をしていたりといつもは見られない姿にときめくというのもポイントです。

このように、非日常な出来事が多く、相手がより魅力的に見える機会が多いため夏は恋の季節だといえるのではないでしょうか。

その2:行動範囲が広くなる

夏は、長期休みを利用して旅行や海に出かける人が多く、行動範囲が広くなります。行動範囲が広がると出会いもそれだけ増えると考えられます。旅行先や出先で出会う場合もあれば、友人同士で遊びに出かけたことがキッカケで距離が縮まるということもあるようです。

最近、夏といえば音楽フェスに出かける若者が増えていますが、同じような趣味を持っている人と出会う機会も夏イベントには多いようです。音楽フェスのように、夏は音楽イベントが多いようです。様々なアーティストがライブを開催しているのでファン同士の出会いもあるようです。

行動範囲が広くなる夏、出会いを求めて色んな場所へ足を運んでみるのもいいかもしれません。

 その3:地元へ帰る人が多い

実家を離れて仕事をしている人や進学をしている学生は、夏休みを利用して地元に帰省します。同級生が地元に集まるこの時期、同窓会などが開催されることが多いようです。久しぶりに会った同級生が、急にかっこよく見え、恋に発展する可能性もあります。そんな、ドラマのような展開はあり得ないと思っていませんか?

もちろん、相手は思春期に出会った人です。友人以上には見ることはできないという人、反対に大人になってかっこよさが半減して幻滅した、ということはあるかもしれません。しかし、これから新しく出会う人よりも同級生の方が気心を知っています。新しく出会う人には1から自分を見せなければならないことに比べると、お互いを少しでも知っている方が楽なのではないでしょうか。

夏休みの間しか地元にいない、という期間限定が恋に発展するスピードを速めるのかもしれません。ひと夏の恋になるか、一生のパートナーにするかはあなたしだいです。

 その4:気持ちが開放される

夏は気温が高く、野外での活動が活発になります。そのため、気持ちも開放的になるので恋に対しても積極的になります。服装も軽くなり、露出も増えるので異性への意識も高まります。

その1にも書きましたが、夏はイベントが多い季節です。特に野外でのイベントが多いため気持ちが高まります。イベントによっては、普段見られない服装をすることもあり、その人を何倍にも良く見せてくれます。例えば、夏祭りや花火大会では浴衣を着ます。そのコスプレ的要素が異性の気持ちをグッと掴むのです。浴衣を着た自分自身も気分が高まるので、より積極的に相手に向き合えるでしょう。海などで水着になるのも同じような一面があるのではないでしょうか?

是非、気持ちを開放して今までの自分とは少し違った面を見せてはいかがでしょうか?

 その5:日が長い

夏は恋をするのにピッタリといいますが、日が長くなることも一因だと考えられます。日が長くなると、仕事帰りに軽く飲みに行くのにも気兼ねしなくなります。今まで、飲みに誘われても何となく気が乗らなかった人も日が長くなればガードが緩くなりがちです。早く帰りたいという気持ちから、何となくもう少しなら良いかな?という気持ちになるからです。

気を付けなければならないことは、相手を長く引き止めてしまうことです。いくら日が長くなったといっても時間はいつもと変わりません。時間を気にしてあげることも必要ですし、気遣いができることで高感度もあがるかもしれません。

日が長くなる夏だからこそ、少し勇気を出して好きな人や気になっている人を誘ってみましょう。

いかがでしたか?

夏になると何となくカップルが増えている気がする、気が付くと好きな人ができている、何となく恋人が欲しいなどと思ったことはありませんか?夏は恋の季節です。夏が恋をするのにピッタリ、という理由をいくつか紹介しました。自然と気持ちが高揚するということ、環境がそうさせている、などと理由は様々であることが分かりました。

せっかくの夏、恋して楽しまないと損ですよ。恋している人は、アタックしないともったいないです。今年こそ、素敵な相手と夏を楽しみましょう!

 まとめ

 夏は恋するのにピッタリ!その5つのわけ

その1:イベントが多い
その2:行動範囲が広くなる
その3:地元へ帰る人が多い
その4:気持ちが開放される
その5:日が長い


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする