猫背矯正に効果のある背中のストレッチ法5選

パソコンをご覧の皆さん、パソコンに向かって作業をしていると、だんだんとモニターに集中してきますね。すると、どんどん前かがみになって、背中が丸くなってきていませんか?その姿勢を続けると、猫背になってしまいます。

猫背は単に姿勢が悪いだけでなく、肩コリや腰痛、頭痛の原因になったり、内臓疾患を引き起こしてしまったりする、実は怖いものなんです。猫背になりやすい人は、背筋が弱く、真っ直ぐの姿勢を保つのが苦手という人が多いのが特徴です。首から上を支える力が肩や腰にかかっているので、肩コリや腰痛の原因になってしまうんですね。

猫背を治すには背筋を鍛えることが必要です。猫背矯正に効果のある背中のストレッチを紹介します。



猫背矯正に効果のある背中のストレッチ法5選

その1:寝る前5分 エビ反りストレッチ

寝る前に少しの時間を使ってできるストレッチです。

①うつぶせに寝転んでリラックスする。
②あごと足を⑦上にあげるように10回ほどエビ反り運動をする。
③10秒休憩。
④②③を繰り返し5セット行う。

無理をしないように、エビ反りになる角度などを自分で調整しましょう。

その2:3秒でできる伸びストレッチ

背筋を刺激し、肩こり解消にも役立つストレッチです。

①背中の後ろで、手のひらを上に向けて両手を組む。
②鼻から息を吐きながら、両肩の肩甲骨をくっつけるような気持ちで寄せて、胸をぐっと開く。
③②の姿勢のまま、息を吐きながら頭を後ろに反らせ3秒キープする。
④①の姿勢に戻り体の力を抜く。

このストレッチは、一度に何回もやるより、一日に何度もこまめにするのが効果的です。立っていても座っていても気軽にできるストレッチなので、家事やデスクワークの合間の気分転換に最適です。

その3:タオルを使って簡単ストレッチ

タオルを使って、簡単にできるストレッチです。

①両足を肩幅程度に開き、背筋を伸ばして立つ。
②腰の後ろでタオルの両端を持つ。
③後ろ手にタオルを持ったまま腕を上げながら上体を前に倒す。
④顎を引き、膝を曲げながらゆっくり上体を起こす。
⑤①の姿勢に戻りリラックスする。
⑥③~⑤を数回繰り返す。

タオルを持つことで姿勢が安定し、効果が出やすくなります。

その4:背中を刺激する超シンプル体操

どこででもできる簡単体操です。

①座った状態で背中を丸め、首を下に向けうつむいた姿勢をとる。
②1.2.3.4…と、頭の中でゆっくり数えながら、首を上げ、背中をゆっくり反らしていく。
③5.6.7.8…と頭の中で数えながらゆっくりと①の姿勢に戻る。
④①~③を数回繰り返す。

②③の動作の時、力を入れず自然に動く範囲で伸ばすのがコツです。

「曲げる」「反らす」を繰り返すことで背筋や背骨の柔軟性を取り戻すことができます。

その5:背筋をほぐすキャットストレッチ

お尻から首まで背骨のつながっている広い範囲を刺激し、コリをほぐし姿勢を正すストレッチです。

①腕を肩幅に開き、脚は腰幅に開き、お尻の真下に膝が来るように四つん這いになる。
②お尻から頭に向かって、背骨を一つずつ順番に動かすような意識をして少しずつ背中を丸めていく。この時、下腹を背骨の方に引き込むように意識をする。
③②の姿勢をキープしたまま息を吸う。息は、胸の後ろに送るイメージで吸う。
④息をゆっくり吐きながら、背骨を一つずつ元に戻すように意識して、①の姿勢に戻る。

背骨をほぐし背筋を刺激する運動ですが、ずっと下腹を意識しているのでお腹のシェイプアップにも効果が期待できます。

いかがでしたか?

普段から肩コリや腰痛、頭痛に悩まされている人はもしかすると知らないうちに猫背になってしまっているかもしれません。PCやスマホを使う機会の多い人は、簡単にできるストレッチをぜひ試してみてくださいね。

猫背を治してすっきりとした生活をおくりましょう。

まとめ

 猫背矯正に効果のある背中のストレッチ法5選

その1:寝る前5分エビ反りストレッチ
その2:3秒でできる伸びストレッチ
その3:タオルを使って簡単ストレッチ
その4:背中を刺激する超シンプル体操
その5:背筋をほぐすキャットストレッチ


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする