恋愛結婚をして良かった!と思える5つの瞬間

結婚は、人生の中でとても大きなライフイベントです。一生添い遂げられるパートナーを選ぶ大事な瞬間です。結婚には、恋愛結婚とお見合い結婚がありますがどちらの方が円満で幸せなのでしょうか?

もちろん、結婚の形は夫婦によって様々です。お見合い結婚の方が円満で長続きするという声もきかれますが、恋愛結婚をして良かったと思える瞬間を紹介します。



 恋愛結婚をして良かった!と思える5つの瞬間

その1:付き合っていた頃の思い出を語っているとき

恋愛結婚の場合、付き合っている期間が必ず存在します。その期間が長い、短いに関係なくお互いが好きで、ドキドキする、ときめくなど、「恋をしている期間」が存在しているのが恋愛結婚です。恋愛をしながらお互いのことを知り、理解し、結婚したい相手かどうかを見極めるのが恋愛結婚だと思います。

また、恋愛結婚では、お互いのことを深く知り合いプロポーズがあってから、両親へ挨拶するというのが一般的な流れです。反対にお見合いは両親の勧めであることが多いため、結婚を決める前から両親や家族は、相手の存在を知っています。また、お見合い結婚は、お見合いする前にお互いの情報を交換し、お見合いから2、3回デートをして結婚を決断するというところが恋愛結婚と違います。

恋愛結婚でもお見合い結婚でも、結婚前の思い出というのはとてもかけがえのないものですが、お見合い結婚に比べて恋愛結婚の方が思い出はたくさんあるのではないでしょうか。結婚後、パートナーと思い出の場所へ訪れたり、こんなことがあった、また○○したいなどと語っているときや思い出の写真を眺めているとき、パートナーにときめいていた頃を思い出して、気持ちが再燃するカップルは多いようです。お互いの良いところを再確認し、お互いを改めて認め合う、そのようなとき、恋愛結婚して良かった!と思える瞬間ではないでしょうか。

 その2:結婚式のとき2人のエピソードを紹介したとき

最近の結婚式では、2人のプロフィールやエピソードを動画にまとめてゲストに紹介することが演出のひとつになっています。多くのカップルが自作動画を披露宴で流しますが、恋愛結婚の方が2人のプロフィールを紹介するときにたくさんネタがあって良い動画が作成できるようです。また、恋愛結婚だとお互いの友人が知り合い同士であることも多いので、プロフィールムービーは大いに盛り上がる演出として好まれています。

また、恋愛結婚の方が多くの女性が憧れを抱くこともあり、新婦としては優越感に浸ることもできるので、結婚式のときは恋愛結婚して良かった!と思える瞬間だと思います。

その3:たくさんの記念日をお祝いしているとき

恋愛結婚の多くの場合、記念日がたくさんあります。付き合った日の記念日に始まり、お互いの誕生日やイベント、毎月○ヶ月記念というように祝うカップルもいます。付き合った期間が長いほど、記念日の数は多く、思い出の品も多いのが恋愛結婚の特徴です。

去年の記念日は、こうだったねと語るときや今年の記念日はどうするかを話し合っているとき、幸せな気持ちでいっぱいになると思います。また、サプライズでプレゼントをもらったり思い出の場所に連れて行ってくれたりと恋愛結婚ならではの記念日を過ごすことができます。お見合い結婚も良いですが、恋愛結婚でしか味わえない幸せもたくさんあります。恋愛結婚して良かった!という瞬間を記念日では感じられるはずです。

 その4:感謝の言葉をもらったとき

恋愛結婚だと付き合いが長い分、言葉足らずになるカップルは多いようです。特に感謝の言葉を忘れがちで、心の中では「ありがとう」と思っていても中々言葉にして伝えづらいのではないでしょうか。言葉にしなくても伝わっているはず、確かに一理あるかもしれません。しかし、いくら長い年月一緒にいるからといって、やはり言葉にして初めて「感謝」というものは伝わるものです。

言えなかった「ありがとう」をパートナーに伝えたとき、伝えられたとき、久しぶりに言ってもらえたことで嬉しさも2倍になるはずです。恋愛結婚だったからこそ、こっぱずかしくて言えなかった「ありがとう」がとても貴重で大切なものになるのです。

「ありがとう、くらい言って欲しい」と怒るのも、相手のことを良くわかっているからなのです。付き合っていた頃は、よく言ってくれていたのに結婚したとたん言ってくれなくなった、なんてカップルも多いはずです。それは、パートナーがあなたに心を許した証拠です。それから、もうワンステップ、たまに「いつもありがとう」なんて言ってみると、付き合っていた頃の気持ちを思い出すことができるかもしれません。

 その5:結婚に至るまでのことを思い出しているとき

恋愛結婚にトラブル、特に両親の承諾をもらうときは苦労する人も多いようです。彼女の家に挨拶に行ったら門前払いをくらった、2回以上は通った、なんて話はよく聞く話です。結婚後は、良い思い出として残っていると思いますが、「あのときは大変だった」「見直した」なんて笑って話すことができるのは、恋愛結婚ならではです。二人で乗り越えた試練を思い出しているとき、何ともいえない幸せを感じることができるでしょう。

いかがでしたか?

恋愛結婚をして良かった!瞬間を紹介しました。もちろん、お見合い結婚でも同じような幸福を感じている人はいますし、恋愛結婚だから、お見合い結婚だから、というようにどちらが良いということは一切ありません。

どちらの場合も、様々な夫婦関係があり幸せの感じ方もまったく違います。お見合い結婚の場合も恋愛感情に発展して、出会いはお見合いだけど恋愛結婚をしたという人も少なくありません。どちらの場合もパートナーを尊重して幸せな日々を送ることが大切なのです。

まとめ

恋愛結婚をして良かった!と思える5つの瞬間

その1:付き合っていた頃の思い出を語っているとき
その2:結婚式のとき2人のエピソードを紹介したとき
その3:たくさんの記念日をお祝いしているとき
その4:感謝の言葉をもらったとき
その5:結婚に至るまでのことを思い出しているとき


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆