恋愛心理テストを受けたい…でも怖い…その5つの心理

恋愛心理テストにはたくさんの種類があります。軽い気持ちでやってみたい!と思うこともありますよね。でもテストをすることがなんだか怖い…と感じることもあるかもしれません。なぜそのように思うのかという心理について、少し考えていきましょう。



恋愛心理テストを受けたい…でも怖い…その5つの心理

その1 本当の気持ちがバレてしまう

今つき合っている恋人のことが大好き!ということなら問題はないのですが、そうではないということもあります。それが恋愛心理テストをすることにより出てしまうこともあるのです。

今あなたの心の中にいるのは、今の恋人とは別の人ということがテストにより出てしまうと、恋人から気持ちを疑われてしまうこともあるかもしれません。そういうことを事前に考慮して、恋愛心理テストをする時には、一人でしたり友達とするようにして恋人と一緒にしないほうが良いかもしれません。

それが原因で恋人との関係が悪くなるということもあり得るからです。そのために恋愛心理テストをすることが怖いと感じるのです。

その2 本当の性格を自分で知ることになる

あくまでも恋愛心理テストは半分遊びでやればいいことなのですが、結果次第では真剣に悩むようなことにもなるかもしれません。表面上は強い人間を演じていても、実は弱い面がたくさんあるということが、テストの結果で出てくることもあるのです。

そういう結果になったことにより、それが自己暗示のように自分はそういう人間なんだと思う気持ちが強くなってしまうこともあります。それはあまり良いこととは言えないでしょう。

それがプラスの面で働くのなら良いのですがマイナスとして働くのであれば、出来れば恋愛心理テストには向いていない性格なので、しない方が良いということかもしれません。

その3 恋人との相性が悪いという結果が出る

恋人とこれから仲良くやっていきたいと思っていたのに、恋愛心理テストの結果では、恋人とは相性が悪いというように出るかもしれません。ということは別れた方がいいのかな?と思ってしまうかもしれません。

もっと相性の良い人が周りにいるという結果が出てしまった場合には、もしかしてあの人かも…という人を思い浮かべることもあるでしょう。これは遊びなんだから…とテストに対して思っても、出た結果によってかなり気持ちが左右されてしまうこともあるのです。

元々の深層心理にそういった思いがあったはずですが、それを呼び覚まされたようなことになります。そういうことになるのが怖いので心理テストをしたくないと思うこともあるのです。

その4 恋人が出来ない理由が判明した

なぜ恋人が出来ないのかということが、恋愛心理テストによって分かるということもあります。自分ではうすうす分かっていたような結果が出ると、やっぱりそうだったんだ…と愕然とすることもあるでしょう。

もしもそれがすぐに直せるようなことなら良いのですが、根本的に直すのが無理というようなものなら、とても困ることになります。この結果通りに行くと自分はずっとこれから恋人が出来ないことになってしまう…と落ち込むことになります。

占いでもそうですが、良いことだけ信じて悪いことは流せる性格の人もいます。そういう人ならこういう結果が出ても問題なく流せるのです。でも流せない性格でまっすぐにうけとめてしまうと、テストをしなければ良かった…というように後悔するかもしれません。

後悔しないためにも、結果が出てもあまり落ち込まないようにしよう、と自分に対して思ってからテストをするようにした方がいいですね。

 その5 過去の恋愛についての結果が出ることも

恋愛心理テストをしていて、項目の中に過去にはどんな恋愛をしてきたかということが、分かる場合もあります。そしてそれを元にして、過去にはこんな恋愛をしてきたということが明らかになってしまいます。

もしも恋人や好きな人と一緒に心理テストをしていたとしたら、そういう結果が出ることにより、どういう目で見られるかということが気になります。過去の恋愛に対して誰にでも言えるような経験しかないという人もいれば、出来れば知られたくないというような経験をしてきた人もいるのです。

そういう経験を知られることが怖くて恋愛心理テストが出来ない、でも過去があったから今の自分があるんだというようにして葛藤状態になることもあるのではないでしょうか。

過去に何人の人と付き合ったかとか、未練のある相手はいるのかというようなことがテストの結果により出てくることもあります。それを覚悟してテストをすることになるので、ためらう気持ちも出てくるかもしれません。

いかがでしたか?

恋愛心理テストは本来とても楽しいものです。でもその結果によっては、辛い思いをしたり落ち込んだりすることもあるかもしれません。そういった思いをするかもしれない…と思うと、怖くて恋愛心理テストが受けられないという人もいるのです。

同性同士で盛り上がるために使用した方が、カップルが喧嘩をしたり仲たがいをしたりするような要因にならないので、本来は良いのかもしれません。

まとめ

恋愛心理テストを受けたい…でも怖い…その5つの心理

その1 本当の気持ちがバレてしまう
その2 本当の性格を自分で知ることになる
その3 恋人との相性が悪いという結果が出る
その4 恋人が出来ない理由が判明した
その5 過去の恋愛についての結果が出ることも


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆