今流行!ハーフ顔のメイクをするための5つの方法

日本人の美人さん、そのままでももちろん美しいんですけれど、何か物足りない…目がもう少し大きかったら鼻がもう少し高かったら、もう少し何かが物足りない…そんなことを感じた事ありませんか?

その「もう少し」の何かを持っているのがハーフ顔です。最近、テレビで活躍しているタレントや、雑誌のモデルでも東洋と西洋の美を持ち合わせた美人が多く見られます。

ハーフ顔に憧れますよね。でも、私の顔はどう見ても日本人だしなぁ…と鏡を見てため息ついてるあなたに朗報です。ポイントを押さえてメイクをすれば、実は簡単にハーフ顔になれるんです。今日は、ハーフ顔になるメイクの方法を紹介します。



  今流行!ハーフ顔のメイクをするための5つの方法

その1 小顔を作る

ハーフ顔の特徴といえば、輪郭のシャープさです。そのシャープさで小顔に見えます。日本人顔は、逆に凹凸に欠けていて平面的なので、のっぺりとしています。まずはこのギャップを埋めなくてはなりません。

小顔メイクのポイントは立体感です。立体感をつけるには陰影をつけますが、注目したいのがCゾーンです。それは、こめかみから頬骨にかけて骨が盛り上がっているC形の部分のことを言います。

眉下からCゾーンを通って黒目の下あたりまでハイライトをつけると、頬骨が高く見えて日本人顔から少しハーフっぽい雰囲気になります。

顔に凹凸をつける…と聞くと、ついつい凹ませたいえらなど輪郭の外側部分に影をつけたくなりますが、これは、実はNGです。やりすぎると不自然になってしまいます。

高く見せたいところにハイライトをします。これがポイントなのです。ハイライトを入れるタイミングも重要です。ついつい「全体を見てから」と最後に入れたくなりますが、最適なのはファンデーションを乗せた直後です。

入れたときにはわざとらしく見えるかもしれませんが、メイクを進めていくうちに自然になじんでいきます。

その2 眉は太くする

日本人の眉の特徴は、薄く細いです。眉間は広くて、目との距離が広いのです。ハーフ顔の眉は太く、眉間が狭く、目との距離が狭いです。こう考えるとまるで正反対ですね。ハーフ顔の眉を演出するには、書き方にちょっとしたコツがあります。

眉の下ラインを、ややしっかりと書きいれて、眉の生える方向に沿って、上に向けて眉を書き足します。この時は心もちもち太めにしてください。その後ブラシでぼかしながら眉を整えます。

ポイントは、眉山を作らず、真っ直ぐ目と平行に書くことです。髪のカラーリングに合わせて眉墨の色を変えたり、眉マスカラでカラーリングしてもいいですね。

その3 アイメイクで彫りを深く見せる

ハーフ顔の目力はすごいです。吸い寄せられるような魅力があります。そんな彼女たちの目をよく見てみると、意外とたれ目です。彫が深くシャープな顔立ちなのに、やさしい表情に見えるのは、そのたれ目のせいなんです。

彫りを深く見せつつ、たれ目気味のメイクをするとハーフ顔に近くなるということなのです。ハーフ顔の人は瞼がすっきりとくぼんでいます。アイシャドーでそれを作り出します。

アイシャドーは同系色で3色以上の多色使いをします。少し濃いめの色ををアイホール全体に伸ばして、中央部分には明るい色を持ってきて、瞼にメリハリをつけます。

暖色系のシャドーを使っている場合にはシャンパンゴールドのような色、間食系ならシルバーなどを使うと、きれいにハイライトが出せます。

二重の幅にアイホールより濃い色を乗せます。目尻に向かって濃くグラデーションをつけると、少したれ目に見えます。そして重要ポイントはアイライナーです。アイライナーは大切な役割をします。その役割とは、目の補正です。

アイライナーの引き方で、目の大きさや形を補正できます。小さめの目の人は、目の外側1/3程度から目尻に向かって水平にラインを伸ばすと、目が大きく見えます。つり目の人は、上瞼だけ目尻から下にさがるラインを書き足します。

補正用のラインは少しずつ、短めに不自然にならないように気をつけながら書いてくださいね。

 その4 まつげはふさふさにする

ハーフ顔でうらやましいのは、何といってもふさふさ長いまつげです。くるんとカールした長いまつげに憧れます。つけまつげで演出することもできますが、それじゃちょっとわざとらしいかもしれません。

そんな人は、まつげを長くする下地や、繊維入りのマスカラがお勧めです。ビューラーでまつげをカールさせます。あまり上げ過ぎると不自然になるので、持ちあげすぎないで下さい。

彫の深さを強調したいときにはブラックのマスカラで、柔らかく自然な感じを出したいときにはブラウンのマスカラを使います。上まつげは、とにかくボリュームを出すこと目指してたっぷりつけます。つけた後はコームで梳かすのを忘れずにいて下さい。ダマになると、不自然なまつげになってしまいます。

ハーフ顔のまつげのもう一つのポイントは下まつげの存在感です。下まつげはふさふさ感ではなく、長さで存在感を出します。まつげの長さを出すマスカラをブラシでさっとなぞります。これで、ハーフ顔風まつげが完成です。

その5 ぽってりキュートな唇を作る

ハーフ顔の仕上げは、ふっくらした唇です。日本人顔はどちらかというと薄い唇の人が多いようです。グロスでふっくら見せるのは、今では常識のようになっていますが、ハーフ顔を目指すなら、より意識してメイクでふっくら見せましょう。

カラーはやや濃いめのものを使って、上唇、下唇、両方とも実際の輪郭より大きめに縁取ります。そして、縦じわに沿うように全体に塗ったら出来上がりです。よりふっくら立体感を出したいときには、唇の中心あたりにグロスを乗せるとグラマラスに見えます。

いかがでしたか?

これでハーフ顔メイクは完了です。メイクは少し工夫するだけで、違った表情が出るから不思議ですよね。いつもと違った自分を発見できるのがメイクの醍醐味です。

さぁ、ハーフ顔に変身して楽しんでくださいね!

まとめ

 今流行!ハーフ顔のメイクをするための5つの方法

その1 小顔を作る
その2 眉は太くする
その3 アイメイクで彫りを深く見せる
その4 まつげはふさふさにする
その5 ぽってりキュートな唇を作る


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆