嫉妬の心理を知って、少しでも改善するための5つの方法

嫉妬の心理は、どのようなものがあるのでしょうか。嫉妬をしたくて嫉妬をする人は、ほとんどいません。どうしても嫉妬をしてしまう自分がいて、悩んでいることが多いのではないでしょうか。

今回は嫉妬の心理と改善方法についてお伝えしていきましょう。



嫉妬の心理を知って、少しでも改善するための5つの方法

人のことがうらやましい

人のことをうらやましく思い、それが嫉妬になることも多いです。「なぜあの人はあんなに綺麗なんだろう」と思ったり、「家がお金もちでいいなぁ」というようにして、自分にはないものをうらやましく思うような気持ちがあるのです。

でも逆に誰かから、自分自身がうらましいと思われていることもあるかもしれません。自分のことは、自分ではあまり分からないことが多いです。本当はとても魅力があるのに、そこに気が付かないようなこともあるのです。

自分の長所というものを見つけて、出来るだけ伸ばしていくように意識をすれば、人は人というようにして思うことも出来るのではないでしょうか。

恋人が他の異性に優しい

好きな人や恋人が他の異性に対して優しいと、嫉妬してしまうこともあると思います。嫉妬するほど相手のことが好きで、気になるということがあるからだと思います。嫉妬をする自分を知って初めて、相手のことが好きということが分かることもあるのです。

そのため、嫉妬する自分は情けないというように思う必要はありません。これをきっかけに恋愛がスタートしたり、更に深まるようなこともあります。実際に嫉妬を一度もしたことが無いという人は、まずいないでしょう。

誰もが抱く感情というように思うことにより、少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか。恋人や好きな人には、ちょっとヤキモチをやいちゃったというようなことを、伝えても良いと思います。

でもその時には、相手を責めないようにしましょう。責めることにより、とても重い存在になります。そして自分の行動をいちいち見られているような気がして相手は落ち着かなくなってしまうのです。

価値観で負けたと感じる

価値観が違う相手は多いものです。でもそれを論理的に説き伏せようとしてくる人も多いのです。自分の価値観が合っていると思っているのに、それを論理で押し付けようとされると、

それが出来る相手に対して嫉妬の気持ちを持つことになります。

価値観が違うということを楽しむことが出来れば、相手と一緒にいてもそれを面白いと思うことが出来るものだと思います。価値観の違いがあるからこそ、その人と話している方が興味深いということもあります。

価値観が違うことにより、相手に関心を抱くこともあると思います。柔軟性を持てば、それが可能になるのではないでしょうか。
【スポンサーリンク】

自分に自信がもてない

自分に自信が無いと、どうしても嫉妬をしやすくなります。自分のことに自信があれば、気持ちはかなり楽です。どこの部分でも良いので、自信を持てるようになりたいですね。自信を持つことが出来れば、心に余裕を持つことが出来るでしょう。

自分に自信を持てないままでいると、色々なところで嫉妬をしてしまうことになります。なぜここで嫉妬をしてしまうんだろう…と悩むこともあると思います。でも、自信を持つことが出来れば、そのように思うことも軽減するのです。

今の自分のこういうところが好きという一つの面だけでも良いので、自分に対して自信を持って、自分自身を好きになれるように工夫をすると良いかもしれません。

願望通りにいかない

自分の願望通りに、ことが進まないことが続くと、どうしても気持ちが落ち着かなくなります。そして周りの人は皆、うまくいっているというように思ってしまうのです。でも自分の願望通りに行っている人も、実は相当な努力をしている場合もあります。

ただ、それが見えるか見えないかだけなのです。そのため自分の願望通りにいかないからといって、嫉妬の気持ちは出来るだけ持ちたくないですね。それはある意味、頑張りすぎているというサインかもしれません。

頑張りすぎているから自分に対して、腹を立ててしまう気持ちも強くなるのです。でも時期を見て自分をねぎらうようなことをしてあげないと、結果として自分を認めてあげることが出来なくなります。

自分を認めることが出来ないということになると、普段生きていること自体が苦しくなることもあるのです。愛されているという自信さえ持てなくなってくるでしょう。

いかがでしたか?

嫉妬の心理は、結構複雑なものかもしれません。長い年月生きてきたうえで芽生えた心理かもしれないのです。それを少しでも軽減することは難しい…と思うことも多いでしょう。

でも実はそんなに難しいことではないのです。少しの工夫で嫉妬をしなくなる自分になることも出来ます。必要な時には嫉妬をしても良いのですが、いつも嫉妬が続くと疲れてしまいますので、自分のためにもあまり嫉妬をしない自分でいたいですね。

まとめ

嫉妬の心理を知って、少しでも改善するための5つの方法

・人のことがうらやましい
・恋人が他の異性に優しい
・価値観で負けたと感じる
・自分に自信がもてない
・願望通りにいかない


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする