水晶のブレスレットを持つ時の5つのポイントとは

水晶はクリスタルやクォーツとも呼ばれる、とてもポピュラーなパワーストーンです。水晶を身に付ける時、一番に思いつくのはブレスレット。水晶のブレスレットは手に取りやすいですが、せっかく持つのであれば、水晶の力をしっかり得たいものです。

そのためには、水晶のブレスレットを持つ時、気を付けたい点がいくつかありますのでご紹介します。



水晶のブレスレットを持つ時の5つのポイントとは

水晶は強力な石

パワーストーンといえば水晶、と多くの人が思いつく石でもありますが、実際水晶は古くから神聖な石と言われ、その力は強力と考えられています。日本でも古くから「水精」と名付けられ、精霊が宿る石とも言われていました。

周囲から発せられる邪気を祓ってくれる効果や、開運効果があると言われ、多くの作用が見込めるバランスの取れた万能な石です。

守る効果と高める効果の両方を持っているため、どのような人にとってもオススメできるといえます。守ってくれているという気持ちを持てることは、水晶のブレスレットを持つメリットとも言え、それだけで心強く、気が楽になるとも考えられるでしょう。

水晶は持ち主の気持ちに影響される

水晶は、護身やパワーアップなどの様々な効果がありますが、その反面、持ち主の気持ちにとても影響を受けやすい石です。

ブレスレットとして常に身に付けるのは良いですが、邪念や気持ちの浮き沈みに左右され、場合によっては悪影響を及ぼす可能性もあるものです。

水晶のブレスレットを身に付けるのであれば、正しい意思と穏やかな心を持つように心がけると良いでしょう。そうすることにより、成功や幸福へのパワーを得るサポートをしてくれると考えられます。

持っていることで不都合なことがあったり、違和感を感じるのであれば、使用しないという選択も考えておくと良いでしょう。また、自分以外の人が長く触れたり貸したりすることで、その人の影響を受ける可能性があるとも言われていますので気を付けましょう。

アクセサリーとして扱えばアクセサリーそのもの

水晶のブレスレットを身に付けていていれば、自動的に良い方向へ働きかけてくれる訳ではない場合もあります。パワーストーンは、持つ人と石の繋がりも大切と言われ、物として扱えば、それ以上にはならない可能性もあるということです。

水晶のブレスレットを手に入れてから一週間ほどは、できる限り身に付け、共に眠ると良いでしょう。

パワーストーンを身に付けるの場合に、ブレスレットが一番おすすめと言われるのは、石が素肌に触れている状態を保てることと、視界に入りやすいこと。そのブレスレットを意識することで水晶の影響も受けやすくなるでしょう。

また、信じて持っていることで、自身の潜在意識にも働きかけると考えられ、より大きな力を与えてくれる可能性も期待できます。
【スポンサーリンク】

パワーストーンには浄化がつきもの

水晶を含むパワーストーンは、使用するうちに汚れのように良くない気が溜まるといわれています。

水晶のブレスレットを身に付け、使用するうちに白く濁ってきたり輝きが低下した場合には、浄化することで戻る場合もあると言われています。また、助けてもらったりパワーをもらったと感じる場合にも、お礼の意味も込めて浄化をすると良いでしょう。購入直後は様々な人が石を触った可能性もあるため浄化しておくと安心です。

水晶の浄化には、月の光に当てる、流水にさらす、日の光に当てるなどの様々な方法がありますが、玉ビーズのブレスレットの場合にはレンズのような役割を果たすため、紙などの上で日の光に当てることで、火が出る可能性がありますので注意しましょう。

また、水晶以外の石が含まれるブレスレットの場合には、向かない浄化方法もあるため、石ごとの浄化法を確認しておきましょう。

水晶のブレスレットの選び方

水晶に限ったことではありませんが、多くの石は人工的に作ることが可能です。パワーストーンとしての水晶の力を期待する場合には、必ず確認が必要な事でしょう。水晶は世界各地で比較的多く採取することが可能なため、特に小さな石を使う水晶のブレスレットなどは人工の物ではないと考えても問題ないとは言われています。

しかし、やはり気になるものです。天然かどうかを見分けるのはとても難しいため、信用できる販売元で購入することはもちろん、気になることは販売者へ訪ねてみると良いでしょう。加工されたものがあるということを知っていること、全く加工がされていない物が欲しいことを伝えてみましょう。天然という言葉は、色々な意味でつかわれるため、適切ではないこともあります。

また、水晶のブレスレットを選ぶ時、迷ったら頼りにしたいのは自分の感覚です。何となく自分に合うような気がする、という選び方が一番良いと言われています。自分の直感を信じ、選んでみましょう。

いかがでしたか?

水晶のブレスレットは多く目にしますが、単なるアクセサリーとしてだけでなく、心身共に多くの効果があると考えられています。

長い歴史の中で、力が宿っている石として使用されてきた水晶は、使い方次第で良い方向へサポートしてくれると考えても良いでしょう。

水晶に任せておけば安心と考えることは危険ではありますが、様々な人の経験から言伝えられてきた水晶のパワーを、少し分けてもらうというスタンスで取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

水晶のブレスレットを持つ時の5つのポイントとは

・水晶は強力な石
・水晶は持ち主の気持ちに影響される
・アクセサリーとして扱えばアクセサリーそのもの
・パワーストーンには浄化がつきもの
・水晶のブレスレットの選び方


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする