好きな人に嫌われた…と思った時にしてほしい5つのこと

好きな人には絶対に嫌われたくないと、誰もが思うでしょう。嫌われたと感じれば、動揺や焦りを感じ、落ち込むことも。そんな時どう行動するかによって、その後の2人の関係が変わる可能性があるため、慎重にすべきです。

嫌われたかも…と感じた時にどのように対処すべきか、ご紹介します。状況は様々ですが、共通する点が必ずあるはずです。



好きな人に嫌われた…と思った時にしてほしい5つのこと

まずは落ち着き冷静になる

好きな人に嫌われたと感じた時、どうにかしようと慌てて行動することで、逆に状況が悪化する可能性があります。場合によっては、焦って動けば動くほどさらに嫌われる可能性も。

まずは冷静になり、落ち着いて状況を把握し考えることが大切です。問題が大きければ大きいほど、考える前に行動すべきではありません。

もしも確実に自分に非があり、その場で謝ることが可能なら、それ以上の言い訳は避けましょう。自己防衛の気持ちが表面化してしまうと、歩み寄るきっかけを失うことになります。

間違いを認め謝罪のみをすることで、相手や周囲の人への印象が良いと共に、自分の悪かった部分を素直に反省することが可能です。非があったのなら、本気で反省しなければその後の改善は難しく、同じことを繰り返すことになります。

好き避けではないのか探ってみる

人は、好きになった相手に対して冷たくしてしまうこともあります。好意を表に出せないシャイな性格が原因の場合もあれば、ヤキモチや周囲の状況がそうさせる場合も。

冷たくされていると感じる程度で、嫌われる要素が見つからない場合には、相手がわざと冷たくしている可能性があります。嫌われたとすぐに諦めたり落ち込んだりする前に、状況や相手の性格などを考え、その態度の真意を探ってみましょう。

通常であれば、本当に嫌いな人とは関わらないように行動し、離れていくはずです。どうしても関わらなければならない状況ではないのに近くに居て、あえて冷たい態度を取るのであれば、好きだからこその行動かも知れません。

できれば2人きりになれる状況をつくり、積極的に好意を示し、話してみると良いでしょう。

嫌われた原因を探る

好きな人に嫌われたと確信できる状況の場合、その原因を考えてみましょう。嫌われたと感じる時は、自分でも思い当たる原因がある場合と、全く思い当たらない場合があります。原因が分かれば解決しやすいのは間違いありません。

原因が思い当たる場合には、自分が間違った言動をしたのか、たまたま相手にとって気に障ることだったのかを把握し、自分に非があると感じたのであれば謝り、反省し改善するべきです。

もしも、思い当たる原因がない場合には、共通の友人などに聞いてみる、または本人に聞くことしか解決法がない場合もあるでしょう。

本人への問いかけは、緊張し不安になりますが、解決するキッカケにもなります。自分にどこか悪いところがあったのなら直したい、という思いを伝え、落ち着いて話を聞く姿勢が必要です。間違ってもその段階で、相手を批判する様なことはしてはいけません。まずは、しっかり相手の気持ちを受け入れる体制をとり、その上で自分の気持を伝えるようにします。

【スポンサーリンク】

人に相談してみる

嫌われた原因について、納得いかないこともあり得るでしょう。その場合にも、相手に不快感を示してしまうと関係は悪化するでしょう。もしも自分の中で納得がいかない、または原因について全く理解ができない場合には、本人以外の人に相談してみるのも良いでしょう。

人と話すことで冷静さを取り戻すことにもなりますし、相談にのってくれた相手の意見を素直に聞くことで、嫌われた原因が理解できる可能性もあります。

人の感じ方や考え方は、それぞれ違うものです。自分の考えでは間違っていなくても、他人から見ると不快と感じることもあり得るのです。他人の意見を尊重することは、自分を尊重してもらうことに繋がります。

納得しなければ改善はできません。自分が変わらなければ、再度嫌われる可能性もありますし、変わる必要がないこともあり得るでしょう。本当に自分が悪かったのか、または相手にも問題があるのか、人の意見を聞くことで判明するともあるでしょう。

距離を置き沈黙することが解決につながる場合も

好きな人に嫌われたと感じれば、誰でも早くどうにか改善したいと思うでしょう。しかし、その一生懸命な行動が相手の気持ちを逆なですることもありますし、自分の気持ちだけを考えて構想しているように見られることも。

自分が悪かったのであれば謝罪し、その後の相手に変化が見られなければ、しばらくの間距離を置くことが、最善の方法になることもあるでしょう。

ただ待つことが説得の手段となり、相手をよく見て気持ちの変化を冷静にキャッチし、少しづつ行動することで、お互いに歩み寄れる可能性があります。

いかがでしたか?

人に嫌われることは、辛いことです。それが好きな人であれば尚更でしょう。しかし、その人だけに好かれるために自分を変えるのは、正しい選択とはいえません。全ての人に好かれる人は居ませんし、好きな相手も例外ではないでしょう。

また、自分の本質の部分が嫌われたのではなく、状況や環境によるイラ立ちの可能性もあります。拒絶の度合いや、相手の精神状態などを考慮すれば、それほど気にする必要がない場合もあると考えられます。

嫌われた…と感じることで、自分と相手を見直すキッカケにもなりますから、悪いことばかりではありません。信頼関係を築くには、お互いの気持ちを伝え合うのは大切な事です。場合によっては、伝え方をよく考えた上で話し合うことで、よりお互いを理解し合えるでしょう。

まとめ

好きな人に嫌われた…と思った時にしてほしい5つのこと

・まずは落ち着き冷静になる
・好き避けではないのか探ってみる
・嫌われた原因を探る
・人に相談してみる
・距離を置き沈黙することが解決につながる場合も


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする