好きな人を振り向かせるために必要な5つのコト

好きな人を振り向かせたいとき、あなたはどのようにして振り向かせますか?恋は盲目といいますが、自分を見失ってはいませんか?恋をしているとき、自分の感情を優先させてしまいがちですが、好きな人の気持ちを優先させなければなりません。

相手が嫌だな、面倒くさいなと感じているようでは決して成就しません。好きな人を振り向かせるために必要なことを紹介します。



好きな人を振り向かせるために必要な5つのコト

その1:好きな人の印象に残ること

好きな人を振り向かせるためには、好きな人に自分のことを印象付けて恋愛対象の1人として見てもらうことが大切です。そのためには、イメージチェンジをしたりダイエットに励んでみたりと容姿を磨くことも大切ですが、好きな人の前でどのように振舞うかが大事です。

飲み会の席などで、率先して料理を取り分けたり飲み物を注文してあげたりすると印象がいい、という話をよく聞きます。確かに何もしない人よりは印象が良いですし、飲み物を聞いてあげたときに話をするきっかけにもなります。この役のメリットは、好きな人に手渡しする際にアピールできることです。笑顔で飲み物などを手渡ししてあげましょう。しかし、注文役や取り分け役に徹してしまうと好きな人と話をするタイミングを逃してしまいます。上手に取り分け役を他の人にバトンタッチして、好きな人の隣をさりげなくゲットしましょう。

また、女性の場合は好きな人の前だけでなく周りの人の前でも印象を良くする事はとても大切なことです。ぶりっこは周りの人から反感を買うため、決してしてはいけません。周りの人に対しても優しく親切に接し、かつ好きな人には少しだけ特別な笑顔を見せる、甘える、優しくする、隙をみせるなど心がけてみてください。心がけて実践していくうちに自然とできるようにすれば、好きな人からの態度がすこしずつ変わってくるかもしれません。

 その2:「好き」をアピールしすぎない、メールを送り過ぎないこと

好きな人に対して、「好き」というのをアピールしたいのは当たり前です。しかし、やりすぎると相手が引いてしまい、面倒くさいと思わせてしまうので注意しなければなりません。メールやLINEを毎日しているから、相手もきっと自分のことが好き、と勘違いしてしまうとメールの内容がどうしても「付き合いたい」「好き」といった内容になってしまいます。毎日メールのやり取りをしていても、相手が同じ気持ちであるとは限りません。まず、アピールどうこうというよりもその点を勘違いしないことです。

「好き」アピールをしてはいけないという訳ではありません。多少の「好き」という気持ちを表すのは大切なことです。毎日メールをしている時点で好意は伝わっています。しかし、わざと時間を空けて返信をする必要はないと思います。相手が自分のことを好きなのであれば、効果的ですが相手の気持ちが分からないなら、素直に返信するべきです。時間を空けて相手から返信がない、と不安になるよりもメールのマナーである「できる限りすぐに返信をする」を守って返信がなければ、自分に非はないのですから不安になる必要はありません。脈があれば、そのうち相手から「ごめん、返信遅くなった」とメールがあるはずです。

付き合う前のデートなどでも「好き」アピールをしすぎないように注意しましょう。デートに誘った時点で好意は伝わっています。「好き」ということをあからさまに伝えなくても、その一日が楽しいなら相手にとってとても良い印象を与えますし、次に繋がる可能性が高いです。「好き」をアピールするよりもその一日をどう楽しむか、楽しませるかということに一生懸命になりましょう。

「好き」というのは、きちんと告白のタイミングで伝えたいですね。

その3:恋人面しないこと

好きな人を振り向かせる段階で、絶対にしてはいけないことは恋人面することです。デートをしたりメールを毎日している期間が長いと「あなたにとって私って何?」などと問い詰めてしまうという話をよく聞きます。自分にとっては、好きな人だし中々告白してくれないけど、もうカップルみたいなものでしょ?と思っていても、相手にとっては、一緒にいると楽しい、ちょっと仲の良い女友達、くらいにしか見ていないということもあります。

まだ、付き合っていないのですから相手の気持ちは自由です。決して恋人面をして相手から嫌われないように注意しましょう。

その4:自分を磨くこと

好きな人を振り向かせるには、自分を磨くことです。好きな人ができるとその人を中心に考えてしまいがちです。自分を忘れてしまうこともあるかもしれません。ですが、そんな状態のあなたは本当に魅力的でしょうか?何かに一生懸命な人は輝いて見えるはずです。好きな人に一生懸命になるのも大切ですが、それだけでは輝いて見えません。趣味や勉強、仕事など何でも良いです。何か一生懸命になれることを見つけて頑張ってみましょう。

あなたの頑張っている姿を好きな人もしっかり見ていてくれているはずです。好きな人の周りの人も見てくれています。周りの人から、あなたが頑張っている話が好きな人に伝わることもあるかもしれませんよ。

 その5:都合の良い相手にならないこと

好きな人と正式に付き合うまでは、都合のよい相手になってはいけません。呼べばいつでも会える、お願いすれば何でもする、などと好きな人とはいえ悪い人間はいるものです。ましてや、恋は盲目です。相手の悪いところには目を伏せてしまいがちですが、そのような関係にならないように注意しましょう。都合のいい相手になってしまうと、恋人に昇格できる可能性はとても低いです。注意しましょう。

いかがでしたか?

好きな人を振り向かせるために必要なことを紹介しました。恋をすることは日常生活を潤わせ、あなたが輝かせる、とっておきのサプリメントです。しかし、好きな人を振り向かせたいという一心では中々うまくいきません。

周りに目を向けてみること、例えば周囲の人を大切にする、新しい自分を発見する、趣味を見つけて頑張るなどをしてみると、その恋はもっともっと良いものになるはずです。成就してもしなくても、あなたにとってプラスになることがとても多いのではないでしょうか?

 まとめ

 好きな人を振り向かせるために必要な5つのコト

その1:好きな人の印象に残ること
その2:「好き」をアピールしすぎないこと
その3:恋人面しないこと
その4:自分を磨くこと
その5:都合の良い相手にならないこと


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆