好き避けと嫌い避けの違いについての5つのポイント

好き避けと嫌い避けについて、分かりにくいと思うことも多いのではないでしょうか。でももしも勘違いをしてしまうと、せっかくの関係が悪くなることもあるかもしれません。

今回は好き避けと嫌い避けに対してのポイントについてお伝えしていきましょう。



好き避けと嫌い避けの違いについての5つのポイント

好き避けについての特徴

好きだからこそ、相手に好きという気持ちを知られたくないというのが好き避けです。実際に自分でコントロールをしようとしても、好きという気持ちが強すぎて出来ないのです。そして出来ない自分を感じてはいるのですが、どうしていいか分からないというのも、好き避けの特徴です。

好き避けをしているかもしれない…と思いながらも、その打開策を見つけることが出来ないのです。ただ好きだからこそ避けるしかないということになってきます。それがよくあるのは、男性よりも女性の方です。

それは男性よりも女性の方が、好きという感情を出す時に複雑になりやすいということがあるかもしれません。だからこそ好き避けということが怒りやすくなるのです。

好き避けの人の視線

好きな人に対して視線を送るというのは、好き避けの特徴です。好きだからこそ視線がそちらに向かってしまうのです。ここでもコントロールが出来ていないことが多いです。コントロールが出来ない自分を感じながらも、目をそらすことが出来ないのです。

好き避けの人の視線は、自然に好きな人に向かいます。これが好き避けの人の視線の特徴なのです。好き避けなのかどうなのか…と自分で思った時には、相手を目で追う自分がいるかどうかを自分で確認してみましょう。

これが出来ることにより、好き避けというものに対してのことが、少しは分かることになります。分からないままで悩んでいるよりも、ある程度分かったうえで好き避けをした方が、まだ納得がいくかもしれません。

好き避けと嫌い避けのライン

好き避けと嫌い避けのラインがとても微妙なところにありますので、そのため自分は好かれているのか嫌われているのか分からないということもあると思います。そのため見極めることが難しいと感じる人も多いでしょう。

そういう自分でさえも、好き避けと嫌い避けの違いをちゃんと表現できているのかを、分かっていない場合もあります。もしくは自分は好き避けなのか嫌い避けなのかさえ、分かっていないこともあります。

元々この境界線は難しい場所にあるということを、理解しておきましょう。その上で、自分はどう動くかを決めた方が良いです。まずは自分の心の中をしっかり知るようにしましょう。その上でどのような行動をとれば相手に伝わるかが分かるはずです。ただ勢いや流れのままで、好き避けや嫌い避けをするのは、リスクを伴うことになります。

【スポンサーリンク】

嫌い避けの特徴

嫌い避けの場合には、出来るだけ目を合わせたくないと思うことが多いです。そのため目がなかなか合わないというような相手に対しては、嫌われているかもしれないと思っても良いでしょう。

でもただ照れていて目を合わせないだけかもしれませんので、1度や2度ではこれは分からないことです。まずは何度か目を合わせるようにしてみて全然合わない、合わない回数がかなりあるということになると、嫌い避けの可能性が高くなります。

そのため、嫌われているというように思い、出来るだけこちらからもやりとりを避けるようにした方が良いかもしれません。嫌いというように態度で出されているのに気が付かないということになると、問題はこちらにあるということにもなるのです。

好き避けと嫌い避けが変わる時も!

好き避けと思って安心をしていたのに、いつの間にか嫌い避けになっていたこともあります。それは、何かこちらがいけないことをしてしまった場合もあります。何か思い当たると点が無いかを自分なりに探すことが必要です。

逆に、嫌い避けだと思いショックを受けていたのに、いつの間にか好き避けに変わっていたということもあるのです。こういうことが起こりやすいということは、やはりこの二つがとても近い場所にあり、分かりにくいということを意味しています。

出来れば好き避けなら好き避けというようにして、こちらも対応がしたいですよね。でも直接聞くことが出来なくて困ることもあるでしょう。でも、もしも聞かないまま日が経ってしまったら、もうこれから先は変わりにくいということがあるかしれません。

いかがでしたか?

好き避けと嫌い避けについてのポイントについてお伝えてしてきました。今この瞬間にも、周りの人の好き避けや嫌い避け、そして自分自身のことに対して悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

これがあまりにも続くと心身ともにストレスになってきます。出来るだけ早い段階で好き避けか嫌い避けかを見極めることが必要です。自分のことならば自分自身がどうしたいのかを、早い段階で決めることが大切ではないでしょうか。

まとめ

好き避けと嫌い避けの違いについての5つのポイント

・好き避けについての特徴
・好き避けの人の視線
・好き避けと嫌い避けのライン
・嫌い避けの特徴
・好き避けと嫌い避けが変わる時も!


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする