炭水化物抜きダイエットを成功させるための6つのコツ

炭水化物は、私たちが活動するエネルギーとなる栄養素です。炭水化物はカロリーが高く、エネルギーとして消費されなかった分は脂肪として体に取り込みやすくなります。炭水化物を抜くと痩せたというダイエット成功者も多く、炭水化物抜きダイエットに励んでいる人は多いのではないでしょうか。

炭水化物抜きダイエットは成功しやすい反面、失敗してしまう可能性も高いため、どのようなことに注意したらよいのかを理解しておく必要があります。



  炭水化物抜きダイエットを成功させるための6つのコツ

方法その1:炭水化物抜き=低炭水化物と考える

炭水化物抜きダイエットというと、全ての炭水化物を抜こうとしてエネルギー不足に陥ってしまい失敗したという話を聞いたことがあります。エネルギー不足をおこすと立ちくらみがしたり、やる気が出ず仕事や勉強に悪影響を及ぼすこともあるため、炭水化物抜きダイエットを実践するには注意が必要です。

特に注意したいのが、炭水化物を一切摂取しないダイエットです。例えば、野菜だけを摂取するようなダイエットやゼリー飲料で食事をするようなダイエット方法です。野菜を摂取することはとても大事なことですが、炭水化物を完全に抜くようなダイエットは失敗に陥りやすいのでやめましょう。炭水化物抜きダイエットという言葉だけが先行していますが、実際には「低炭水化物ダイエット」と考えるようにし、最初のうちは今まで摂取していた炭水化物の量を減らすことを心がけるようにしましょう。

方法その2:基本的に主食とお菓子の炭水化物を控える

炭水化物は、多くの食品に含まれているため主食以外で摂取している場合が多いです。そのため炭水化物の過剰摂取になり、太る原因となるのです。炭水化物を多く含む食品は、主食となる米やパン、麺類です。その他には、イモ類や小麦を使った食品にも多く含まれています。これらの食品をまずは減らすことをお勧めします。主食として摂取している、米や麺類、パンはそれだけで食事が成り立つのでとても簡単で便利です。丼ものやラーメンなどが食事の多くを占めている場合は、必ず太ってしまうので食事改善が必要です。炭水化物抜きダイエット=低炭水化物ダイエットなので、主食を減らす代わりにおかずで炭水化物を補う必要があります。

炭水化物を含み、ダイエット効果がある食品は大豆類やナッツ類、きのこ類です。これらの食品は、量増し食品としてもメディアで紹介されていますので、食事にうまく取り入れると満腹感を得られるため炭水化物抜きダイエットとしてとても効果がありお勧めです。

 方法その3:期間限定で極端なダイエットをしない

炭水化物抜きダイエットは、短期間で効果が見られます。炭水化物を抜くと体に蓄えられていた脂肪をエネルギーとして消費するためです。炭水化物をまったく摂取しないなどの極端なダイエットをすると確実に体重は減りますが、必要なエネルギーを炭水化物以外の栄養素で補うためバランスが悪くなってしまいます。

失敗しがちな例として、炭水化物を極端に抜き体重が減ったとしても長くはこの状態に耐えられない人が多く、普通食に戻してリバウンドしてしまうということです。目標を達成して、ふと気が緩みそれまで我慢していた気持ちを解禁したとき、普通食がとても美味しく感じられるでしょう。リバウンドをしないためにも短期間でダイエットをしないこと、長期間続けられるように我慢し過ぎないことなど、工夫をして炭水化物抜きダイエットを実践してください。

方法その4:タンパク質と脂質をバランス良く摂取する

炭水化物抜きダイエットを成功させるポイントとして、タンパク質(アミノ酸)や脂質をバランス良く摂取することです。炭水化物抜きダイエットは、おかずは好きなものを好きなだけ摂取しても良いという話を聞いたことがありますが、それは正しくありません。炭水化物を抜く代わりに揚げ物ばかり食べ、カロリーの高いお肉ばかり食べているとバランスは悪くなり、肌の調子が悪くなります。

「低炭水化物ダイエット」を前述で説明しましたが、豆類やきのこ類を肉や魚と上手く組み合わせたおかずにすることが大切です。

 方法その5:野菜をしっかりと摂ること

炭水化物抜きダイエットをする際は、野菜の摂取も忘れてはなりません。野菜にはビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、人間には欠かせない栄養素です。

ダイエット中は、食物繊維が不足し便秘になりやすいため、食物繊維が多く含まれる野菜は必ず摂取するようにしましょう。

方法その6:外食の機会を減らす

外食をすると炭水化物を多く摂取してしまいがちです。ファミリーレストランなどでは、ごはんかパンがセットとして付いてくるのがほとんどで、丼ものやラーメン、ハンバーガーなど私たちの身近な外食店では炭水化物を含むメニューがとても多くあります。

また、コンビニの食事は主食のみのメニューも多くあります。外食を控えるだけでも炭水化物の摂取量は減らすことができるので、節約を兼ねて外食の機会を減らしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

炭水化物抜きダイエットは、このようにただ「抜く」だけでは決して成功しません。リバウンドのない、体をゲットするために正しい炭水化物抜きダイエットを実践して、「美しく痩せる」を実現させるように頑張りましょう。

 まとめ

 炭水化物抜きダイエットを成功させるための6つのコツ

方法その1:炭水化物抜き=低炭水化物と考える
方法その2:基本的に主食とお菓子の炭水化物を控える
方法その3:期間限定でダイエットをしない リバウンドをしない
方法その4:タンパク質と脂質からカロリーを摂取する
方法その5:野菜をしっかりと摂ること
方法その6:外食の機会を減らす


☆Camomile TeaのTwitterをフォロー☆